延滞中でも利用してはいけない即日振込み給料ファクタリング[注意あり]

給料債権ファクタリングは危険滞納・延滞

どこからも借りれない他社延滞中の人が、お金を借りようとしても消費者金融やクレジットカード会社で借りることはかなり難しくなってきますが、『給料債権ファクタリング』なら今日中に現金調達ができます。

他社延滞中の超ブラックが借りれる消費者金融はありませんが、勤務先から給料が支払われているサラリーマンであれば、どんなブラックでも借りれるところがあります。

但し、緊急的にしか利用してはいけません

利用対象は、無職であったり、生活保護だけを受けている、年金だけが収入源というような方以外です。

個人信用情報機関に照会することもないので、申込みの履歴も残りませんし、個人信用情報機関に借入れの事実を登録されることもありません。

お勧めできる資金調達法ではありませんので、注意して下さい!
重要日本ファクタリング業協会ファクタリング被害110番

他社延滞中のでも利用できる給料ファクタリングとは?

本来ファクタリングとは、売掛債権に保険をかけてリスクを回避したり、または未回収の売掛金を買い取ってもらえたりするサービスのことで、企業が売掛債権を売却して資金を調達するサービスのことを指します。

給料ファクタリングとは、サラリーマンが持っている給料債権、すなわち既に働いた分の給料を給料日まで待たずに受け取れるサービスのことです。
給料の前借りを働いている会社ではなく、第三者が立て替えてくれるということです。

給料ファクタリングは融資ということではなく、契約上はあくまでサラリーマンが持っている給料債権を買い取るということです。個人信用情報機関に借入れデータに載ることもありません。そのため、金融ブラックの方でも利用することができます。

利用対象者
  • 会社員であれば利用可能
  • 派遣社員であれば利用可能
  • アルバイトであれば利用可能
  • パートであれば利用可能
  • 主婦(ご主人が給与所得者)であれば利用可能

なぜ他社延滞中でも利用できるのか?

延滞中でも利用できるのは、融資ではなく給料債権の買取りだからで、ファクタリングは貸金業者ではないため、個人信用情報の照会もできませんし、その必要もないからです。

給料債権ファクタリングというサービスは、買い取った給料債権について返済するのではなく、買い取られた給料債権を買い戻すということなので、利息を取られない代わりに、買戻し手数料が掛かってきます。

闇金に近い気はしますが、何処にも借りれないと分かっているでしょうから、ここ一番の勝負所で利用するのは有りかと思います。

check今すぐ3万円ならAmazonテンポラリーカードが一番早いけど他には?

利用できないブラックの人は?

給料債権ファクタリングサービスを利用できない人は、無職の方だけです。

会社から給料が支給されている方なら誰でも利用でき、主婦であってもご主人が会社から給料をもらっているなら利用できます。

以上の条件以外には利用できないということはありませんし、どんなブラックでも利用できるというのはありがたいです。

給料債権ファクタリングを契約後に他社と二重契約できるのか?

給料債権ファクタリングを取り扱う会社は数社ありますが、1社契約すると、ほかの給与債権ファクタリングとの契約をしたら、返済が不可能になるのでやってはいけませんが、通帳、印鑑、キャッシュカード等を預かるのは違法ですので、実際のところ可能なのかもしれません。

ただ、給料債権ファクタリングという商品を扱う会社は、横のつながりがあると思っていたほうが良いと思いますし、仮にできたとしても、支払い期日に両方の決済ができる自信がない場合には、自分が苦労するだけです。

給料債権ファクタリングを契約後に消費者金融と契約は?

給料債権ファクタリングと契約しても、消費者金融やクレジットカード会社のような貸金業者との契約は可能です。

給料債権ファクタリング会社は信用情報機関に登録されませんので、申し込みの際に申告する必要はないからです。

給料ファクタリング会社の紹介

給料債権ファクタリングというサービスの利用条件は、会社から給料が支給されているということだけです。

  • 貸金業者を延滞中でどこからも借りれない
  • 債務整理の手続き中でどこからも借りれない
  • クレジットカードが止められた
  • 電気水道代の支払いが間に合わない
  • 給料の前借りができない

と言った方の利用もできると公言しているのですから、どこからも借りれない方にとっては神と呼ぶしかありません。

が、利用は断固反対します!

給料債権ファクタリングを利用する場合の契約の流れ

先ずは公式サイトから申し込みます。

申し込み後に、簡単な必要書類をFAXまたは写メールで送信するよう指示が来ます。(顔写真入り証明書・保険証・直近3ヶ月分の給料明細またはお給料が振込みされている通帳のページ等)

次に聞き取り調査が行われます。聞かれる主な質問は以下の通りです。

  • 勤続年数について
  • 家の所有形態について(借家なのか持家なのか)
  • 緊急連絡先について(名前と電話番号)
  • 自宅の居住年数と住宅ローンの有無について
  • 給与体系について(固定給なのか歩合給なのか、給料支払い日、ボーナスの有無)
  • 給与の手取り金額について(給料明細を送信済)
  • 貸金業者からの借入れ状況について(審査には影響はしない)
  • 債務整理などの有無について(審査には影響しない)
  • 闇金融からの借入の有無について(あるなら借りずに警察に相談が良)

他社の借入れ状況や債務整理の有無なども口頭で聞かれますが、年収の半分以上借入れがあったとしても(総量規制以上)審査には通りますので、他社の借入れ状況や債務整理の有無は審査に影響しません。

給料手取り額の満額で貸すことはほぼないので、給料の手取りの半額程度と考えていた方が良いと思います。

審査結果の連絡が来たら、メールアドレスに契約書が送られますので、返送すれば直ぐに振り込まれます。

手数料は勤めている会社の規模や借入れ状況によって変わるようです。

  • 大企業に勤めている方、借入れがない方:10%程度
  • 中小企業に勤めている方、借入れが多い方、給料が高くない方:20%~30%程度

買い戻せば当日中に契約から振込みまで再度の利用が可能です!

給与ファクタリング業者の利用体験談

「勤務先にバレない」「信用情報を見ない・記載されない」「ブラック歓迎」をウリに、給与ファクタリング業者が増えています。先日もテレビ番組で、出資法違反・利息制限法違反となる悪質な給与ファクタリング業者を警察に通報するなどした様子が放送されていました。

給与ファクタリング業者を利用した方からの情報です

借入者(情報提供者)は、金融機関勤務で月の手取りは30万円前後です。自己破産したばかりで、他に借入れはありません。

提示された条件
  • 50,000円分の給与債権
  • 買取金額は40,000円
  • 弁済日は次回給料日(契約日から約15日後)
  • 振込手数料に800円必要なため手元に入るのは39,200円

建前としては給与債権の売買ですが、事実上は給与を担保としたみなし貸金業と判断される可能性が高く、弁済期間に対する買取金額を年利に換算すると約700%といったとんでもない数字でした。

金融庁より令和2年3月5日付けで、「業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当する」との見解が示されました。

また、審査と称して私の免許証・通帳・勤務先・実家の連絡先・実家の資産状況などの情報を要求されました。連帯保証を伴わない「給与債権の売買」にも関わらず、さすがに実家の情報を必要とすることに不審感を抱きました。

さらに「勤務先にバレない」と謳っておりますが、実際には無断で在籍確認があり、その際にメガ損害保険の会社名を騙っていました。

契約締結の際には電話口で「弊社が今から言う、貸金ではない旨の文言を一字一句間違えずにメールで送れ」との要求がありました。

こんな人には給料債権ファクタリングはメリットがあるが利用してはいけない

給料債権ファクタリングというのは、利息が無い代わりに手数料が発生します。七福神の場合10%~となっているので、正直言って年率に直すと120%~ということになります。

闇金に手を出すよりは遥かに安い手数料ですので、これを利用する場合には利用した後のことも考えながら利用すべきです。

利用するには手数料も安いとは言えないのでデメリットもありますが、利用の仕方次第ではメリットの方が大きいという場合もあります。

メリットのある場合
  • 住宅ローンの利用を予定しており、審査の履歴を残したくない
  • お金がすぐに必要で、即日融資を受けたい
  • 職場での在籍確認なしにお金を借りたい
  • 超ブラックや総量規制オーバーで、他社では借りれない
  • 自己破産の免責が確定していない

再度言いますが、お勧めはしていませんので、緊急的に利用することに留めておいて下さい。

注意喚起:大阪府では注意喚起を行っています。

大阪府の利用者の男性8人が3日、東京都内の業者など7社に計約690万円の返還や損害賠償を求めて大阪簡裁などに提訴した。
 

ミナミ実業は、5月8日株主総会解散決議により登記手続きをし清算を開始した。清算人に支配人藤原千紘が就任した。
 

令和2年6月1日,七福神被害者1000人からの訴訟提起でHP閉鎖、債権放棄通知で撤退? 
 

令和2年5月22日,日本弁護士連合会の荒中(あらただし)会長は,給与ファクタリングと称するヤミ金融業者が横行している問題で,金融庁や警察庁など関係機関に対し,取り締まりの徹底を求める声明を発表した。
 

令和2年5月13日,給与ファクタリング被害対策埼玉弁護団は,被告七福神(ZERUTA)に対し,合計436万5000円の返還訴訟を提起した。
 

令和2年3月23日,森田悟志弁護士(東京都中央区)は,被告七福神(ZERUTA)に対し,9名合計544万2000円で,
初の集団訴訟を東京地裁に提起した。

日本ファクタリング業協会

使い方次第でブラックから脱出できる

給料債権ファクタリングというのは、利息が無い代わりに手数料が発生します。

一般的な給料債権ファクタリングの場合10%~となっているので、正直言って年率に直すと120%~ということになります。

闇金に手を出すよりは遥かに安い手数料ですので、これを利用する場合には利用した後のことも考えながら利用すべきです。

申込みブラックで借りれない場合の利用方法

申込みブラックになってしまえば、どんなにあがいても自分で自分の首を絞めることになるので、手数料は少々高くても、給料債権ファクタリングを最長でも6ヶ月間借入れと返済を繰り返して利用して、申込みブラックを解消した後に確実に借りれるところを探して借ります。

当然それ以降は給料債権ファクタリングは利用しません。

延滞になりそうな場合の利用方法

延滞してしまえば、どこからも借りれなくなるので、先ずは延滞ブラックにならないように、手数料は少々高くても、給料債権ファクタリングを利用して、遅れを無くすことを(遅れずに支払う)優先します。

遅れさえなければ、どうにか借りれるところがあるので、確実に借りれるところを探して借ります。

自己破産の免責が確定していない場合の利用方法

自己破産後の免責が確定しさえすれば、何社か正規貸金業者で貸してくれるところがありますが、免責が確定していないのであれば、借りれるところはありません。

しかし、給料債権ファクタリングを使えば良いのです。免責確定前に借金することは免責不許可事由に当てはまりますが、給料債権ファクタリングは簡単にいうと融資ではない『給料の前借り』なので、免責不許可事由にあてはまりません。

給料債権ファクタリングなら自己破産後の免責が確定していなくても利用できますが、自己破産までしたのですから、覚悟して利用して下さい。

申込みブラックになってしまったら、つなぎとしての利用もあると思います。給料債権ファクタリングを利用して、申込みブラックを解消した後に確実に借りれるところを探して借りるというのも一つの手です。

まとめ

給料ファクタリングの利用は、賢く使えば問題はありませんが、契約期間中に闇金からのショートメールメッセージが複数通届くという情報もありますので、お気を付けください。

金融庁より令和2年3月5日付けで、「業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当する」との見解が示されました。

契約書はPDFファイルのみで、利用者側の署名や捺印がない場合は、民法上無効である可能性が高いと思われます。

判例がまだありませんが、司法ではみなし貸金業と判断される可能性が非常に高く、その場合は過払い請求も可能です。すでに悪徳な給料ファクタリングを利用されてしまっている方は、弁護士か司法書士を通じて民事訴訟を提起されることと、警察に被害届を出すべきと考えます。

タイトルとURLをコピーしました