完全ブラックでも借りれる!

当サイト「ブラックでも借りれるところ!」 は、もうどこからも借りれない完全ブラック~ちょっとブラックリスト入りした程度の人でまで、正しい知識を身につけることで、『こんな裏ワザがあったのか』を発見できます。完全ブラックでもキャッシング審査に落ちない裏ワザの実行は、全て自己責任でお願いします。

延滞、自己破産、任意整理、携帯電話など、どんなブラックでも借りれる情報です。また情報は金融機関における犯罪手口の警告警鐘および犯罪防止対策としても役立ちます

完全ブラックにならないためには

支払日を一日でも過ぎてしまえば、個人信用情報機関に「延滞という異動記録」は付かなくても、貸金業者が信用情報を照会すれば、支払期日を過ぎていることは一目瞭然で、延滞者とみなしますが、今日の支払いができていない場合、他社に申し込みしても借りれる可能性は低いです。

今日の支払いが足りない場合

事情があって今日の支払いが出来そうにない場合は、必ず遅れる事情を説明します。怒鳴られるかもしてませんが、ない袖は振れないのですから、聞き流すしかありません。だた、連絡を入れたからといって、延滞していないわけではありません

明日や明日以降の支払いが足りないからといって、新たな貸金業者に借入れを申し込むのではなく、現在借りている金融機関へ早めに相談することが大切です。増額や追加融資が受けることができるかもしれません。

完全ブラックが取るべき行動

長期延滞という言葉が理解できているなら知っていると思いますが、長期延滞という超ブラックは厄介なもので、約定支払日から61日以上延滞をしてしまっていれば、延滞という異動情報が記載され世間一般で言う完全ブラックとなり、どこからも借りれない状態になります。

一度61日以上の延滞をしてしまうと、数年単位でどこからも借りれない状態になる可能性がありますが、数年先を見つめて、将来のために今できることを少しずつでもやって行きましょう。

闇金融(通称:ヤミ金)でもいいから、お金を借りたいという方は焦ってはいけません。ヤミ金からでなくてもお金が借りれるところがあります。ヤミ金からでもというのは、相当追い込まれた状態だと思います。

ブラックが借りたいヤミ金の危険性

完全ブラックでどこからも借りれないと思って、闇金融からでも借りたいという冷静な判断ができなくなっている精神状態ですので、何としてもヤミ金に手を出す前に考え直して下さい。もし借りてしまっているなら、近くの警察署の生活安全課に行って相談して下さい。もう払う必要はありませんから。

電話ボックス、電柱に連絡先の携帯電話番号を記載した張り紙やチラシを見たことがあるかもしれませんが、それは090金融と呼ばれていて、これもヤミ金です。ヤミ金は、出資法という罰則のある法律に違反する高金利で貸付し、暴利をむさぼります。

電話ボックスや電柱に『年利5% 50万迄 090-××××-××××』こんな好条件でお金を貸してもらえるなら思わず飛びついてしまいそうですが、このようなチラシや広告はヤミ金であると言い切れます。安易にこうしたヤミ金に手を出すと、とんでもない事態に発展しかねません。

ヤミ金は、「トイチ」といって10日で1割の利子という時代は終わって、現在はソフト闇金でも『トサン』『トゴ』といって、10日で3割(30%)、10日で5割(50%)の利息を払わされます。出資法の上限金利年20%の利息も払えない人が10日で3~5割という利息が払えるわけないのです。

ジャンプして利息を払っているうちはいいですが、払えなくなると取り立てが半端なくきついです。例えば、夜間に何十回も電話をかけてくる、自宅に大勢で押しかけてわめきちらす、勤務先に督促だと分かるように嫌がらせの電話をかける、子供が通っている学校の校門の前で待ちぶせする等々これらはすべて法律で禁止されている行為なのですが、そんなのお構いなしです。

ブラックでも困窮支援制度で借りれる

お金が足りなくて困窮している無借金の完全ブラック世帯が自立できるようにサポートする、社会福祉協議会が運用している支援制度があります。この生活福祉資金貸付制度の内「総合支援資金」というサポートが利用できます。金利は0~1.5%と非常に低金利。このほかにも様々な貸付制度が用意されています

生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会が実施する公的融資・支援制度です。必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)の方や障害者世帯、高齢者世帯などを対象に必要な資金を融資してくれる制度となっています。生活福祉資金貸付制度では目的や用途によっていくつかの貸付制度があります。それぞれの世帯の状況によって利用できる貸付は異なります。

絶対消費者金融等の貸金業者、知人友人親戚に借金があることがバレないようにしなければなりません。必ず自己破産を勧められます。また、貸付である以上は返済をしていかないといけないので一定の返済能力についても問われます。

総合支援資金貸付

失業等によって生計維持ができない世帯に対して自立支援のための生活再建支援と資金貸付を行う制度です。生活費用、住宅入居費用、生活再建費用などの貸付となります。住まいが無い方は「住宅支援給付」と同時に活用できます。

失業状態であれば、まずはハローワークで求職活動をするように指導されますし、普通に消費者金融が使えて返済が見込めるレベルの生活ができそうな人であればカードローンを利用するように指導されることも多いです

その他の貸付制度

すでに消費者金融等で多額の負債を抱えており、どうしようもないという人が再建のための借り換えとして生活福祉資金貸付制度を利用するというのは許されません。この融資制度は救済・セーフティーネットとしての役割を持つ融資制度となっています。

福祉資金貸付
低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯に無利息or低利で福祉資金、教育支援資金を貸し付けるする制度です。また、低所得者世帯における一時的かつ緊急的な資金需要にこたえるための「緊急小口資金貸付」もあります。
教育資支援資金貸付
低所得者世帯の方の高等学校、大学。専門学校に就学するための費用や入学に際して必要な資金を貸し付けする制度。なお、教育費に関しては「国の教育ローン」のような融資制度も存在しています。
不動産担保型生活支援資金貸付
不動産を所有してその不動産に将来にわたって済むことを希望する高齢者に対して不動産を担保として生活資金の貸付を行う制度です。生活福祉資金貸付制度を利用するに当たっては審査があります。
この制度は基本的に「生活に困窮する人をサポートする制度」です。また、「失業保険」といったその他のセーフティーネットから外れてしまった人をサポートすることが主となっています。

長期延滞ブラックの記録は5年消えない

長期延滞後に支払いを正常に戻しても、「延滞解消」とだけ記載され、完済したとしても「延滞解消・残高0」と信用情報機関である「JICC」、「CIC」、「JBA」の3社共にブラックな情報が5年間記録され続けますので、大手消費者金融や銀行カードローンから現金を借りることは難しいのですが、裏ワザがありますのでこのサイトで力になりたいと考えています。

信用情報機関

日本にはCIC・JICC・JBAという3つの個人信用情報機関があります。それぞれどのような機関なのか簡単に説明します。

株式会社シーアイシー(CIC)
主に信販・カード系のクレジットカード会社や、アコムなどの大手消費者金融業者などが加盟している、貸金業者系の個人信用情報機関です。

株式会社日本信用情報機構(JICC)
ほとんどのクレジットカード会社や消費者金融、銀行が加盟している個人信用情報機関です。CICと同様指定個人信用情報機関に指定されており、貸金業者であればCICかJICCもしくは両方に加盟しています。

全国銀行個人信用情報センター(JBA)
全国銀行協会が運営しており、主に銀行が加盟しています。地方銀行の子会社として設立された銀行が出資しているクレジットカード会社など、一部のクレジットカード会社は加盟しています。

CICやJICCは窓口や郵送、携帯・スマートフォン経由で開示請求をすることが可能です。窓口やネットなら即時で確認できます。また、全国銀行個人信用情報センター(JBA)の場合、登録情報開示申込書を郵送で送ることでのみ開示が可能です(いずれも手数料1,000円、窓口なら500円)。

完全ブラックでも実行してはいけない裏ワザ

完全ブラックであれば、お金を借りたいがために、どんなところでも或いはどんなことでも、という気持ちになりがちです。しかし犯罪を犯しては元も子もありません。犯罪になる裏ワザも存在しますので、実行するからには逮捕される覚悟を持たなければいけません

ブラックが求める闇バイトのほとんどが違法

「短期間で高収入可能・やりたい時にいつでもできる・初心者大歓迎」こんな好条件のバイトがあったら思わず飛びついてしまいそうですが、安易にこうしたバイトに手を出すと、とんでもない事態に発展しかねません。「パチンコの打ち子」「出会い系サイトのサクラ」「口座売買」などありますが、簡単に高報酬を得られる代わりに、法的にグレーゾーンもしくは完全に違法なバイトです

パチンコの打ち子は違法?

パチンコの打ち子には3通り
  • パチンコ店オーナーからの依頼
  • パチンコ店店長からの依頼
  • ゴト師からの依頼

パチンコ店オーナーからの依頼まず直接依頼されることはありませんが、最初の依頼主がパチンコ店のオーナーという場合があります。このオーナーは何がしたいのかというと、脱税です。

2.パチンコ店店長からの依頼これもよっぽど親しくなっていなければ、直接依頼されることはありません。店長の息がかかった第三者からの依頼になると思います。この店長からの依頼の場合、横領です。

3.ゴト師からの依頼まあ直接知り合うことはないでしょう。第三者からの依頼になりますが、詐欺の片棒を担がされることになります。

上の3つならまだお金が入ってくる可能性は大きいですが、注意しなければならないのは、『パチンコ打ち子登録詐欺』です。登録料だけサギられて終わりです。

出会い系サイトのサクラは違法?

会社ぐるみで詐欺事件に発展した出会い系サイトもあります。あまりにも高収入のウラにはこのようなことがあるので注意しなければいけません。

銀行口座売買は違法?

「銀行口座の売買」は完全アウトです。売った方も買った方も違法行為です。売った銀行口座のほとんどが振り込め詐欺に利用されています。警察は銀行口座を売った人間の特定は簡単なので、まず売った側を逮捕します。知らず知らずのうちに犯罪に加担していて、自分が逮捕される可能性もあります。「違法だとは知らなかった」では済まされないのです。

完全ブラックでも実行可能な裏ワザ

信用情報がブラックになっていても、ちょっとした一ひねりした裏ワザを使えばお金は借りれます。貸金業者やクレジットカード会社の盲点を突いた裏ワザが存在します。

実行するにあたっては、全て自己責任でお願いいたします。

金融ブラックでもできる高収入合法アルバイト

金融ブラックでも誰でも高収入をもらえるアルバイトで「治験ボランティア」というものがあります。業界ではアルバイトをボランティアと呼び、アルバイト代のことは協力費と呼んでいます。新薬モニターのボランティアの協力費は、一度の参加で数万円から数十万円、日給換算で2~3万円程度と高額です。

新薬モニターのアルバイトの報酬は、一度の参加で数万円から数十万円、日給換算で2~3万円程度と高額です。たとえば、1週間の新薬モニターアルバイトでは、約15万円、3週間以上の長期間のモニターでは50万円を超えることもあります。

新薬モニターアルバイトの報酬がこのように高額なのは、新薬モニターアルバイトの報酬は、一般のアルバイトと異なり、自由時間・食事時間・睡眠時間などもすべて仕事の時間とみなして金額が決定されているためで、危険に対する代償、というわけではありません。新薬モニターアルバイト1日当たりの報酬は、期間が長くなるほど高くなる傾向があります。また、新薬モニターアルバイトの報酬から、税金は引かれません。

なぜなら、「新薬モニターアルバイト」は、「新薬開発のためのボランティア」と位置付けられており、報酬は「給料」ではなく、「謝礼」という形で支給されるからです。ですので、アルバイトなどの副業を禁じられている会社員の方も問題なく参加できます。また、ほとんどの実施機関では、健康診断や説明会などに足を運ぶと、交通費として、別途3000~5000円程度が現金や金券などで支給されます。

ブラックにならないための金融基礎知識

自分がどんなブラックなのか知らずにお金を借りようとしても、絶対とは言いませんが借りることはできません。世間に広まってしまった間違った定義や解釈のせいで、どれだけの人たちが苦しんできたのかと思うと、非常に残念でたまりません。

延滞もしたことないのに、自分がどうして借りれないのか分からない方にも、本当は理由があったのです。一番多い勘違いは「申込みブラック」を申込み過ぎたからとか、多重申込みしたからと定義しているサイトには信ぴょう性を感じません。そのようなサイトの特徴は、全国銀行個人信用情報センターの略称である「JBA(Japanese Bankers Association)」のことを、2011年3月末日に解体された元全銀協のことである「KSC」だと言い切っていることですね。

KSCで検索してトップに表記される有名企業KSCには、間違い電話が多くて迷惑しているのではないでしょうか。せっかく良いことが書いてあっても、分かる人からみればパクリサイトにしか見えません。ブラックの本当の定義や対処法を学んで、今日や明日の生活に困らない人生を送ることが大切です。

ブラックでも借りれるところ!運営者執筆者情報

運営会社ブラックでも借りれるところ!運営事務局
運営責任者元金貸
サイト名 ブラックでも借りれるところ!
サイトURLhttps://karireruyo.net/
執筆者金融のプロ
過去出版物・自分でできる不当利得返還請求の仕方
・自分でできる債務整理自己破産の仕方
・パチスロ設定6の見つけ方と打ち方 他

執筆者の経歴

1994年~
車担保金融と消費者金融への仲介業を始める
※いわゆる紹介屋の合法版(仲介料:融資実行金額の5%)
2005年
事業を広げ過ぎて倒産で夜逃げ
2007年
関西の街金に就職
2009年
第一回貸金業務取扱主任者資格試験合格及び資格取得
2010年
東京で消費者金融業を始める
2018年~
金融業界を卒業し、農業で生計を立てながら、現在も続く神金融業者との交流で知った情報や自らの長期延滞者からの脱出経験とを基に、賢いお金の借り方を提案しています。
ブラックでも借りれるところ!

お問い合わせ どこで借りれるのか等のご質問には一切お答えしていません。

タイトルとURLをコピーしました