延滞中の借金は最終支払日から5年で時効の援用後に借金を帳消しできる

時効の援用借金問題

借金にも色々種類があるわけですが金融業者からの借入は最終取引日(最後に支払った日)より5年で時効の援用ができます。

手続きは、雛形があるので、時効の援用を行使することは自分でもできます
分からない場合には、法律の専門家に相談してください。

借金が帳消しされ、信用情報機関のブラック登録も消えてしまうのですから、該当する方は手続きをしてみてください。

時効の援用とは?

自分でできる時効の援用

消滅時効援用とは、援用の手続き 「借金を放棄する」という意思表示をすることです。いくら時効の期間が過ぎていたとしても、借金の返済義務が勝手に無くなるということはないので注意が必要です。 借金の時効を成立させるには、相手(お金を貸した側:債権者)に伝える意思表示が必要です。

多くの方は、「時効」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。「逃走していた犯人が時効直前に逮捕された・・・」といった場合の時効です。借金にも時効があり、時効が完成すると、借金の金額には関係なく返済する必要が無くなります。

貸金業者や個人のお金を貸した側にとって、お金を返してもらうことは当然の権利ですが、お金を返してもらう権利は、消滅時効という法律上の制度により、権利が消滅することがあります。

ただし金融業者から裁判所へ提訴されて(訴訟・支払督促・少額訴訟など)判決が確定した場合はその確定日から10年になります。

もし、消滅時効の期間が過ぎ、完成していなければ、内容証明によって住所を教えているので、再度督促が始まったり、動産強制執行されたりする可能性も十分考えるかと思います。

check時効の援用での信用情報機関のブラックリストはどうなる?

時効が成立しているか個人信用情報機関で確認する

時効が成立しているかを確認できる個人信用情報機関には、クレジット、信販系CIC・消費者金融系JICC:日本信用情報機構・銀行系JBA:全国銀行個人信用情報センターの3社があり、それぞれに開示してもらう必要があります。

あなたの消費者金融やクレジットカードの使用履歴、携帯電話・スマートホンの分割払いの支払い状況が登録されています。

クレジットカードやキャッシング履歴を信用情報機関3社から開示してもらう方法
自分の信用情報がどんな風に載っているのか自分の目で確認したいと思った時、あなたの消費者金融やクレジットカードの使用履歴、携帯電話・スマートホンの分割払いの支払い状況や住宅ローンの利用履歴が登録されている、個人信用情報機関に情報開示の請求をす

全国銀行個人信用情報センター(JBA)は郵送開示しか受け付けておりません。
本人確認書類は2点必要ですが、運転免許証、健康保険証など手元にあるもので間に合わせられそうが、ゆうちょ銀行窓口で定額為替証書を発行しに行かねばならず、手間が多いのは確かです。

時効のスタート日

消費者金融などからの借金の場合には、「次回返済日」を決めています。通常、返済した際に出てくるATMのレシートや領収書に記載されています。

この最後に返済した際の「次回返済日」+1日がスタート日です。

だから余裕を持ってギリギリかな?と思った場合や最終支払日が分からない場合、CIC・JICC・JBAから個人信用情報を開示して確認した方が良いです。

例外的なケース

個人間の貸し借りの場合は「返済期限」を決めてないケースもあります。
この場合は、一回も返済していない場合は契約日から5年、返済したことがある場合には、最後に返済した日+1日がスタート日です。

債権者へこの意思表示をしない限り、時間がいくら過ぎても、借金は無くなりません。借金を帳消しにしたいなら、時効を「援用」しなければなりません。

check時効の援用を自分でやってみたら意外にも簡単だった

時効の援用で時効が成立しないケース

返済をせずに逃げ回って5年が経過し、貸金業者に時効の援用を行使することを伝えたとしても、残念ながら時効が成立しない「時効の中断」や「債務の承認」というものがあります。

時効の中断

貸金業者は返済が無い場合、裁判を起こすことができ、裁判所に裁判を起こした場合、5年のカウントが残念ながら振り出しに戻ってしまいます。

裁判所からの通知が届かなければ安心かというとそうではありません。住所がわからないままでも裁判を起こすことができます。その場合、自分の知らないところで裁判を起こされていることがありますのでご注意ください。

いわいる「夜逃げ」をされた方は住民票を動かさずに姿をくらませます。裁判を起こされると裁判所から通知がくるのですが「夜逃げ」の場合住所がわからないので通知が届かないケースがありますが、届かなくても裁判は進んでいます。

また、裁判以外には「差押え」をされた場合、カウントがストップして振り出しに戻ります。

債務の承認

借りた人が、自分の借り入れの事実を認めたことを「債務の承認」と言い、時効がストップします。具体的には時効が成立する前に、1円でも返済をすると「債務の承認」となるので非常に注意が必要です。

5年の期間経過後でも消滅時効の援用前に1円でも返済すると振り出しに戻ります。特に時効完成後に支払った場合、遅延損害金だけで、借りた金額の数倍の金額を支払うことになりかねないので注意が必要です。

債権譲渡があった場合には債権回収サービサーに対し時効の援用をする

借りたお金の返済が滞った場合、借主である金融機関は債権を債権回収サービサーなどに譲渡することがあり、その旨が信用情報機関にも報告され、信用情報には「移管」と記載されます。

しかし、債権回収サービサーは信用情報機関の会員ではないため、CICでは5年、JICCでは1で信用情報機関の異動情報は消えてしまいます。

信用情報に借金に関する情報が載っていなくても、実際には債権回収サービサーに対する借金は残っているので、債権サービサーに対して時効の援用をすることになります。

タイトルとURLをコピーしました