総量規制以上に借りたい人が絶対借りられるヒント

消費者金融での借入れに対しては、融資額が1世帯の総収入の3分の1を超えてはいけないという、総量規制があります。総量規制以上に借りられたとしても、はたして本当に返済して行けるのでしょうか?

また、総量規制というのは、消費者金融などの貸金業法でのことですので、銀行のカードローンやおまとめローンについては、貸金業法ではなく、銀行法に基づく融資となるので、総量規制にある総収入の3分の1ということを気にする必要がないのです。

消費者金融側はこの銀行法を羨ましく思っていることも確かです。現状では総量規制になるくらいまで消費者金融で借入したとしても、銀行に行って申込を行えば、銀行で借入することができるのですが、銀行も自主規制を始めました。

銀行のカードローン以外で総量規制以上に借りれるヒントもあります。

総量規制以上の借入れをする場合の注意

総量規制対象外の融資をしている消費者金融に、アコムやプロミス、アイフルと言った大手消費者金融を紹介されても鵜呑みにしてはいけません。大手を含む消費者金融は絶対に総量規制を上回った融資はしません。例え『おまとめローン』といっても、総量規制を超えて融資をすることはできません。

クレジットカードのキャッシング枠は、使っていなくても、枠があるだけで借りているとみなされますし、リボ払いの残高も総量規制の対象です。

クレジット、キャッシングは便利で使いすぎてしまう傾向もあります。最近では電子マネーのカードとしても利用することが出来。利用頻度も非常に多くなってしまいます。そのためついつい使いすぎてしまう方も少なくありません。

車のマイカーローンやブランド品のショッピングローンなども利用する事が出来、知らない間に使いすぎてしまいます。ローンの合計金額はマイカーローンなどをあわせて、合計で300~500万円近くになってしまっている人も少なくない状況です。

総量規制対象外の奨学金を借りられる方法

総量規制によって返せるのに借りられないという方も大勢いることでしょう。消費者金融側も貸したいのに総量規制によって貸せないという問題に悩まされています。

総量規制対象外の融資で代表的な貸付は以下の通りです。

  • 住宅購入費(住宅ローン)
  • 自動車購入費(自動車ローン)
  • 緊急の医療費
  • 個人事業主に対する事業費
  • 段階的に債務を減らす借り換え(おまとめローン)

そこで、一括で300万円以上借りれるというわけではないですが、勉強しながら合計360万円借りれる方法なので、勉強もでき借金の返済もできるという一石二鳥の方法です。

日本学生支援機構では、奨学金として総量規制に関係なく1ヶ月最大15万円貸し付けしているので、これを利用することで2年間に360万円ほど借りることができます。2年間で360万円?と思われるかもしれませんが、毎月の借金の返済分にはなります。

奨学金360万円借りるには

日本学生支援機構からの奨学金を受けるには、当然大学に入学する必要がありますが、普通に4年生大学に入ったとしたら何のメリットもありませんので、放送大学大学院修士全科履修生の第二種奨学生になりなります。

まず、放送大学の修士課程のもっとも簡単なコースに入学し、第二種奨学金を申請します。

申請が完了し入学試験を受けて無事合格したら学費を納入します。

第二種奨学金申請金額は最大の月15万円×24ヶか月です。

放送大学大学院の学費は、2年間で46万円ですので、学費を納入して履修し続ければ24か月で360万円借りれることになります。学費を差し引いても300万円以上の資金を借りられる計算になります。

総量規制以上に借りなければならない理由は?

そもそも総量規制以上に借りなければならない理由とは何でしょう?総量規制以上に借りるにはリスクがあることは良く理解しておいて下さい。

総量規制で年収の3分の1までしか借りれなくなった理由は、本音と建前の2つがあることをご存知でしょうか?

建前では、借金が年収の3分の1を超えると返済ができなくなるから、それ以上の貸付をしてはいけません。本音は、銀行への優遇措置とパチンコ業界の脱税を防ぐ(潰す)ためなのです。銀行に消費者金融並みの金利で儲けさせようとしたのは分かると思いますが、銀行に消費者金融の高等な審査技術はありませんでしたので、大手消費者金融は半強制的にお国から銀行の傘下に入るよう提案されました。

最後まで銀行傘下に入ることに「ノー」と言い続けたのが、アイフルと今は無き(実際には別会社に)武富士で、アイフルは圧力に負けず今でも頑張ってライフカードを傘下にしました。

今では、銀行だけが総量規制を超えて融資したせいで、再び多重債務者を生み出して、自己破産者が増えたことで新聞等で叩かれて、銀行も総量規制以上の貸付を自主規制しています。なぜパチンコ屋を潰さなければならなかったのかと言いますと、パチンコ業界の脱税と不正送金にあるのです。アイフル・武富士・パチンコ業界には共通点もありますが。

総量規制以上に借りて首が回らなくなるなら債務整理をする

どのように返済をしたら良いのかわからず返済が滞ってしまう方には債務整理がおすすめです。まずは、専門家に相談してどのくらいの利息を支払っているのかを確認し、利息を止めてもらうことが出来るのが債務整理です。債務整理には大きく分けて2つあります。

  1. 任意整理
  2. 自己破産

任意整理は、借金を減額させるために相談した弁護士と債権者(金融会社)が和解をして利息を止める法的な手続きになります。任意整理を行うことで、今までに借り入れしていた金額の利息をとめることが出来、任意整理後の毎月の支払金額も、支払い総額も減額されます。

自己破産は、一定の財産を処分して借金の返済の一部を返済することによって、全ての借金の返済が免除される手続きですが、目立った財産が無い人は、財産の処分はされず、殆どの人が当てはまります。

任意整理をする人の多くは、自己破産することによって「業者に迷惑を掛けたくない。」と思っている人が多く、いくら毎月の返済額が減ったからといって、生活が楽になることは滅多にありません。自己破産なら、もう1円も返済しなくて良いのですから、少しは毎月の生活も楽になります。

任意整理と自己破産の比較

任意整理した場合、180万円を毎月50,000万円3年間36回で返済するとしましょう。それまでの返済額は80,000円だったのですから、楽になったような気がしますが、楽になりませんよね?

自己破産の場合ですと、20,000円毎月贅沢したとしても、3年間に30,000円×36回分で108万円貯金ができるようになります。毎月の返済が無いことの嬉しさは自己破産した人なら分かるはずです。

総量規制以上の借入をする方法

結論から言いますと、銀行のカードローンを、借換え目的のおまとめローンで申込むというものです。総量規制以上の借入は属性次第です。

属性とは、金融機関が判断材料にする、勤務先や勤務年数、住まいの環境(賃貸・家族所有・自己所有・社宅など)や他社での借入件数、借入金額や家族のことです。

通常の『借換え融資』や『おまとめ融資』では、融資実行に際し、顧客に借換えするための資金を渡することはなく、現在の借入れ先に直接振込返済をします。

しかし楽天銀行のスーパーローンでは借換え用の資金を直接顧客に融資し『借入れ先に返済して解約証明書を取り寄せて、郵送かFAXで送って下さい。』という対応を取っています。

もうお分かりかと思いますが、楽天銀行の対応を利用すれば年収の3分の1以上の借入ができるという訳です。

例えば年収600万円で現在200万円の借入がある方が、スーパーローンを借換え目的で申込み、審査が無事通った場合、本来借換えに使うはずの200万円を、借入れ先に返済しなければ400万円の借入ができるという訳です。

また、属性の良い方が年収600万円で、現在300万円の借入がある場合、この方法を使えば年収と同額の借入ができるということです。

ちなみに当り前ですが、後日楽天銀行から『解約証明書がまだ届いてませんがどうされましたか?』と連絡がきます。

そこでは『すみません、急な入用があって数日だけのつもりで他の件に流用したら予定が狂ってしまいまして・・・』と言ってかわします。

楽天銀行からは約束が違うとういことでペナルティとして、適用利率がスーパーローンの最高利率である14.5%に変更されてしまいますが、返済を滞りなくしていれば特に個人信用情報に傷がつくことはありません。

もちろん信用情報をあげれば年収の3分の1を遥かに超える借入残があることは分かりますので、その後新たにクレカやローン契約を締結するのは非常に難しくなりますし、多額な借金は返済が困難になることが予想されます。

※実行は自己責任でお願いします。

※総量規制は多重債務者を無くす目的の為、2010年6月18日に貸金業法改正の柱として導入されました。総量規制は貸金業法の中の法律の為、適用されるのは貸金業者のみとなりますが、簡単に言えば銀行以外のノンバンクはすべて貸金業者に該当することから消費者金融・信販会社・クレジットカードのキャッシングすべて年収の3分の1以上の貸付は法律で禁止されることとなりました。

総量規制対象外の融資

総量規制の除外については住宅ローンや自動車ローンなど契約すること自体で1/3を超えているものに対しての規定で、例外については顧客に一方的に有利となる有利借り換え、段階的に債務を減らす借り換え、緊急の医療費などの緊急性の融資、専業主婦の為の配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付、そして個人事業者に対する貸付など、ほとんどは通常に借り入れを行う際、利用できないものばかりです(段階的に債務を減らす借り換え。これは借り換えが条件になってきます)

事業目的融資

事業目的については、消費者金融でも総量規制の対象外に相当するということで、事業で使うのであれば、用途を明確にして、証明書などを提出することによって融資を受けることができます。

個人向け融資

病院で手術費用が必要などで人道的に必要なときは総量規制の例外ということで、新たな個人向け融資を受けることができます。

総量規制によって、借りられないからといっても、先ほど述べたように、例外や対象外になるもの、銀行からのものについては、総量規制と関係なく、借りられるということを覚えておきましょう。

ただ、総量規制の例外や対象外であっても、無制限に融資を受けられるというわけではありません。

ある程度の基準などがあったりしますので、基準などに関しては、事前に確認をしておくことが必要になります。

総量規制の対象外や例外によって、借りられたお金については、借りたところと相談をおこなって、返済の計画を立てて、返済を行うようにしましょう。

もちろん、これまでに借りた分もありますので、返済はきつくなることもありますが、総量規制によって、もう借りられないということはないということはありません。

銀行からの融資

銀行法に基づいて融資を行っているので、銀行から借りられる金額も違います。

そして、貸金業法の総量規制によって、借りられるお金が制限されるわけでもありませんので、消費者金融でお金が借りられなくなったら、銀行に行くといいということをよく聞くわけなのです。

銀行である程度借りておいて、消費者金融の分を完済して、それから銀行で借りたお金を返済する形も少なからず多いと思います。

総量規制でお金をこれ以上借りられないという時は、人道的な面、事業に関する資金であれば消費者金融でも借りられますが、それ以外の場合は銀行のカードローンを利用することで総量規制によって、融資を受けられる金額が制限されることはありません。

総量規制によって、借りられないからといっても、先ほど述べたように、例外や対象外になるもの、銀行からのものについては、総量規制と関係なしで借りられるということを覚えておきましょう。

ただ、総量規制の例外や対象外であっても、無制限に融資を受けられるというわけではありません。ある程度の基準などがあったりしますので、基準などに関しては、事前に確認をしておくことが必要になります。

【関連記事】ブラックリストでも総量規制に関係なく持てるクレジットカードとは?

総量規制の対象外や例外によって、借りられたお金については、借りたところと相談をおこなって、返済の計画を立てて、返済を行うようにしましょう。もちろん、これまでに借りた分もありますので、返済はきつくなることもありますが、総量規制によって、もう借りられないということはないということはありません。

銀行の場合については、銀行法に基づいて融資を行っているので、銀行から借りられる金額も違います。そして、貸金業法の総量規制によって、借りられるお金が制限されるわけでもありませんので、消費者金融でお金が借りられなくなったら、銀行に行くといいということをよく聞くわけなのです。

銀行である程度借りておいて、消費者金融の分を完済して、それから銀行で借りたお金を返済する形も少なからず多いと思います。総量規制でお金をこれ以上借りられないという時は、人道的な面、事業に関する資金であれば消費者金融でも借りられますが、それ以外の場合は銀行のカードローンを利用することで総量規制によって、融資を受けられる金額が制限されることはありません。

まとめ

総量規制によって、借りられないからといっても、先ほど述べたように、例外や対象外になるもの、銀行からのものについては、総量規制と関係なしで借りられるということを覚えておきましょう。

しかし、総量規制以上に借りてしまって返せなくなるより、債務整理するという決心も必要になって来るかもしれません。

債務整理には大きく分けて2つあります。
①任意整理
②自己破産

任意整理は、借金を減額させるために相談した弁護士と債権者(金融会社)が和解をして利息を止める法的な手続きになります。任意整理を行うことで、今までに借り入れしていた金額の利息をとめることが出来、任意整理後の毎月の支払金額も、支払い総額も減額されます。

自己破産は、一定の財産を処分して借金の返済の一部を返済することによって、全ての借金の返済が免除される手続きですが、目立った財産が無い人は、財産の処分はされず、殆どの人が当てはまります。

任意整理をする人の多くは、自己破産することによって「業者に迷惑を掛けたくない。」と思っている人が多く、いくら毎月の返済額が減ったからといって、生活が楽になることは滅多にありません。自己破産なら、もう1円も返済しなくて良いのですから、少しは毎月の生活も楽になります。

タイトルとURLをコピーしました