銀行カードローン以外で年収の3分の1以上の融資を受ける必殺技



銀行以外で融資を受ける場合、総量規制の対象となり年収の3分の1以下の範囲内でしか融資を受けることはできません。

しかしながら必殺技を使えば、サラリーマンでも専業主婦でも無職でも、銀行のカードローン以外で年収の3分の1以上借りれるのです。

総量規制対象外の融資を受ける方法を伝授します。

実践は自己責任でお願いします。

総量規制とは?

簡単に言うと、消費者金融では年収の3分の1以上の借入は出来ないですよ、ということです。

銀行のカードローンは総量規制の対象外とされています。

次の章では、銀行のカードローン以外の総量規制対象外にされている証書貸付を、サラリーマンでも専業主婦でも無職でも借りれる方法を紹介しています。

【以下貸金業協会ホームページより抜粋】

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)
貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。
個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査します。
なお、貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)




銀行以外で年収の3分の1以上の融資を受ける方法

銀行のカードローンは総量規制の対象外とされています。

サラリーマン・専業主婦・無職でも総量規制対象外の融資を受ける必殺技を伝授します。

専業主婦で『配偶者の同意』だけで悩んでいる場合には、関連記事の専業主婦でも家族に内緒で配偶者貸付で借りれるで解決するはずです。

専業主婦でも家族に内緒で配偶者貸付で借りれる

年収の3分の1以上借りれる総量規制対象外の融資

総量規制の対象外として「ビジネスローン(事業主向けローン)」があります。

しかしながら、無職やサラリーマンでは借りることはできません。

ですから、個人事業主になれば借りれるんです。

しかも初期投資がほぼ0円で個人事業主になる方法でです。

融資を受けるまでの手順

個人事業主になるまでと、総量規制対象外の融資を受けるまでの手順です。

1.開業の届けを出す

納税地を管轄する税務署に行き、開業届出書を提出します。

届け出に必要なものは、印鑑と筆記用具だけです。

業種は任意のもので構いません(例:オンラインストア)

開業届出書は税務署に行けばもらえますが、先に用紙に記入して行くと5分程度で終わります。

個人事業の開業・廃業等届出書

ダウンロードはコチラ

青色申告にするとメリットが高いようですが、白色申告でもOKです。

個人事業主のメリット

開業の届けを出せばビジネスローンが受けられるだけでなく屋号(店名)で口座が作れたり、領収書を集めて経費として申告すれば住民税が安くなったりもします。

2.事業用固定電話を準備する

ビジネスローンを借りる場合には固定電話は必要不可欠です。

自宅に固定電話があれば、屋号を決めて104登録も済ませます。

 

自宅に固定電話が無い場合

初期費用を抑えるなら



3.ホームページ制作

ホームページはなくても構いませんが、あるに越したことはありません。

楽天銀行やジャパンネット銀行はホームページがあれば、個人事業主としてビジネス口座ができます。

自分で制作できる場合は、無料レンタルサーバーや格安でできるオンラインストアなど活用して下さい。

 

オンラインストアの開設は、お試し無料



4.好きな会社でビジネスローンを受けます

最近は個人向け融資をしている消費者金融でも取り扱っています。

現在利用中の消費者金融の増額にも使える必殺技です。

各消費者金融に次の『借入計画書』をダウンロードするボタンがあるはずです。

もっと大きく借りたい場合は、ビジネスローンを専門的に取り扱っている消費者金融で借りると良いでしょう。

ビジネスローンも個人向けローンも取り扱っているユニーファイナンスという会社があります。

株式会社ユニーファイナンス

■貸し付け条件

貸付利率(実質年率) 12.00%~17.95%
延滞損害金(実質年率) 20.00%以下
契約限度額又は貸付金額 ~200万円(ビジネスローン)
100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
返済方式 残高スライドリボルビング・元金均等分割・元利均等分割方式
返済期間及び返済回数 原則3年・36回以内(ビジネスローン)
原則5年・60回以内(スーパービジネスローン)
※期日前の一部または全部の繰上げ弁済は可能
貸付対象者 自営業の方で満23歳以上、満70歳未満の定期的な収入と返済能力のある方
担保 土地・建物(不動産)・有価証券(スーパービジネスローン)
連帯保証人 原則不要(ビジネスローン、ただし、法人契約の場合は代表者が連帯保証人となります)
1名以上必要(要審査)(スーパービジネスローン)
契約費用 印紙代(実費)
その他費用 審査に必要な書類(実費)

■主な返済例

実質年率14.95%の場合

融資金額 月々の返済金額
(元利金等返済)
▼ビジネスローン
200万円 71,000円(返済回数36回)
▼スーパービジネスローン
300万円 73,000円(返済回数60回)
500万円 120,000円(返済回数60回)

 

いざ真剣に開業して利益を出して行くぞ!

と決意された方は、日本政策金融公庫で新規開業資金が借りれますし、返済の必要ない助成金をもらうこともできます。

コメントを残す