安さと繋がりやすさ重視の方へDMMモバイルを買収した楽天モバイル

楽天モバイル携帯・スマートホン

楽天モバイルは、カバー率No.1のdocomoと田舎でも繋がりやすいauの回線選択できますので、繋がりやすさもNo.1で、楽天銀行やスルガ銀行の発行するVISAデビットカード、JCBデビットカードでも契約できます。

楽天モバイルはDMM mobileを買収し、DMMモバイルユーザーは既に楽天モバイルからの引落しとなって、DMMポイントは楽天ポイントに移行されていますので、DMMモバイルユーザーはマイページにて、ポイント移行の手続きが必要です。

楽天モバイルおすすめポイント

楽天会員には是非楽天モバイルをおススメします。もし会員でない場合には、乗り換え(MNP)の時に楽天会員になればいいです。

私はダイヤモンド会員ですので、月々の料金は今980円です。

セール情報

楽天モバイル料金プラン

楽天モバイル料金

楽天モバイルは、月額2,980円(税別)の5G通信サービス「Rakuten UN-LIMIT V」の料金体系を見直し、「Rakuten UN-LIMIT VI」として2021年4月1日から展開し、利用状況に応じて料金を無料から2,980円に変更する。

月のデータ利用が1GB未満の場合は無料。1~3GBまでは980円(税別、以下同)、3~20GBまでは1,980円、20GB以上で2,980円とする。従来プラン(V)の契約者は、そのままVIに移行され、利用データ料に応じて料金が決まる。なお、2回線目からは、月間データ利用量3GB以下は月額980円からの請求となる。

  • 0~1GB:無料
  • 1~3GB:980円
  • 3~20GB:1,980円
  • 20GB超:2,980円

どんなに使っても2,980円ということになるうえ、5Gにも対応します。

楽天モバイルもう一つのおすすめポイントと注意点

1.かけ放題プランがある

かけ放題がセットになったプランは10分以内の国内通話がかけ放題プランです。

2.契約期間の縛りがない

乗り換え(MNP)でのキャッシュバックが無い代わり、24ヶ月縛りもなく、契約解除はいつでもできるのが有難いです。

ただし、MNPでの解約を選択された場合MNP転出手数料が1電話番号につき3,000円かかります。
他に乗り換えてキャッシュバックを受けれますよね。

3.デビットカードで契約OK

SIM契約はデビットカード(楽天銀行デビットカードなら100%での契約可能ですが、スマホ本体の分割についてはクレジットカードか、クレジット会社の分割払契約が必要になります。

4.NMP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)

現在使っている電話番号をそのまま使えるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)が利用できます。

※おサイフケータイは端末によって使える場合と使えない場合があります。

楽天モバイルの注意点

1.通話料が高い

20円/30秒と通話料が高いのですが、Rakuten Linkというアプリを利用すれば、0円でかけ放題になります。

LINEやFacebookメッセンジャーの無料通話アプリで通話料無しも可能になりました。

2.対応端末

SIMロック解除するか、SIMフリー端末が必要

対応端末

SIMカードの初期設定やMNP転入手続き方法

  1. 『楽天モバイルWeb申し込み時にMNP手続きを完了』を選択した場合は、SIMカードを受け取り後、初期設定を行っていきます。
    SIMに同梱されていた『楽天ユーザーモバイル』を参考に初期設定を行って利用を開始します。
  2. 『SIM受け取り後、楽天モバイル開通受付センターに電話してMNPを行う方法』を選択した場合は、SIMカードを受取ったあとに現在使用している電話番号から、楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)に電話をしてMNP手続きを完了します。
ご利用の流れ

切り替えの時間は以下の通りとなっています。

  • 当日20:59までに電話→当日中に切り替え
  • 当日20:40~翌日8:59までに電話→翌日9:00以降に切り替え

最短で15分でMNPが完了しますが、申し込みが集中している時期には時間がかかる場合があるようです。

タイトルとURLをコピーしました