自己破産後の喪明けで発行されやすいクレジットカード

自己破産していても借りれる方法

自己破産して年数が経つと、クレジットカードがないことの不便さを感じることでしょう。自己破産から5年以上経過した方、いわゆる自己破産後のブラック喪明けで発行されやすいクレジットカードをご紹介します。

自己破産してからもうクレジットカードは持たない決意をした方もいることでしょうが、クレジットカードにはデビットカードではできない機能がありますので、1枚は欲しいものです。

この記事は実際に体験した内容ですので、必ずしも全員に当てはまらない可能性もありますが、どこに申し込んでも否決された方は一度トライしても損はないと思います。

在籍確認も無く、しかも収入証明の提出も必要ない夢のようなクレジットカードなのです。

自己破産のブラック喪明けに必ずしなければならないこと

自己破産から5年経てばブラックの喪が明けます。7年や10年と思っている方は間違いです。次の(二度目や三度目といった)自己破産による免責をもらえるようになるのが7年後であり、法律改正前が10年後だった関係で7年とか10年と思っている方がいるのでしょう。

しかし、喪が明けたことを確認するために、絶対個人信用情報機関であるCIC・JICC・JBAの個人信用情報の取得をして下さい。

個人信用情報でブラックの喪が明けたことが確認できたら、どこでも通るはずですが、ブラックリストからホワイトリストになったわけですから、注意が必要になります。

自分はブラックリストだからと、クレジットカードを作ることをあきらめていませんか?あきらめるのはまだ早いです。

自己破産後のブラック喪明けの注意点

喪が明けたからと言って安心してはいけません。ホワイトリスト(情報が何もない状態)だとクレジットカード会社から警戒されやすいので、気を付けなければならないことがありますので、説明しておきます。

自己破産時に迷惑かけたカード系は絶対ダメです。

他に、カード会社が合併で他の名前になってしまい、社内ブラックとして記録が残っている可能性があるので、必ず確認しましょう。

また携帯割賦のクレヒスに傷がついていないか念のためCICで開示して見てみましょう(否決後しばらくはとおらない可能性が高いので)。

自己破産から6年、会社員(勤続年数5年以上なら尚良)、自宅家族所有で年収それなりなら否決されることはまずないと思います。

自己破産後の喪明けで発行されやすいクレジットカード

自己破産後のブラック喪明けで、特に発行されやすいクレジットカードは楽天カードです。最初はキャッシング枠を0円に設定して申し込むとほぼ確実に可決されます。楽天カードの他であれば、セディナカードJiyu!da!(リボ専用)、ライフカード、ティップネスなどフィットネス系(入会時に申込)、日産オートクレジットなどディーラー系(車購入時、購入後ディーラーで申込)も通りやすいです。

特にライフカードでは、年会費無料のカードが否決された場合、否決者限定で年会費有料(5,000円)カードの勧誘メールが(余程でないと)届きます。

楽天カードを確実に発行させるには、楽天銀行と楽天市場での取引です。楽天銀行は楽天銀行同士の送金が24時間手数料無料であったり、デビットカード機能付きのキャッシュカードもあります。楽天市場での買い物に、楽天銀行のデビットカードを登録しクレジット決済して買い物をすれば、楽天グループに対しての信用が付きます。

取引が活発であればあるほど高額の枠がもらえます。

ブラック情報の確認

特に自己破産後のブラック喪明けの1枚は大事ですので、できるだけ審査に通りやすい状態にすることが大切です。携帯電話の割賦でクレジットヒストリー(信用実績)を作っておくのも一つの方法です。

万が一金融事故による異動情報の記録日から5年が経過しても、異動情報が個人信用情報に残されたままである、いわゆる「成約残し」と呼ばれる状況なので、

  • 内容証明で成約残しの処理をして欲しいという旨の文書を送り、信用情報を修正してもらう
  • 自己破産をしたときに依頼した弁護士に頼んで、信用情報を修正してもらう
  • お金がもったいないなら自分でカード会社に連絡して、信用情報を修正してもらう

という方法で処理して下さい。一ヶ月も経たないうちに異動情報は消えています。

破産免責決定通知のコピーが必要な場合がありますので、保管していない方は裁判所で請求すればもらえます。

最後に、安定した収入があることが前提となっておりますが、ショッピングやキャッシングの増額時を除いては、新規申し込み時に収入の証明を提出しなければならないクレジットカード会社はありません。再度の自己破産をすることのないことを祈ります。

自己破産後のブラックでも作れるクレジットカードはあるのか?

「債務整理中のブラックでもクレジットカードはありませんか?」とかで検索して、実際に申し込んだけど何処にも借りれなかった、あるいはクレジットカードはできなかったという方に、しかも本当に手を尽くした人だけに利用してもらいたいと思います。

絶対審査が通るクレジットカードはデビットカードではない!

デビットカードではない「ブラックでも作れるクレジットカード」とクレジット審査がない、全国で使える「ガソリン・ETCカード」もあります。本当に審査なし(無審査)でクレジットカードが作れる方法があるのです。キャッシュレス決済の消費税還元も受けることができます。

一般的なクレジットカードには必ず入会審査があります。ブラックかどうかではないのです。

  • 記入された個人情報に間違いが無いか?
  • 支払い能力があるか?

大きく分けると、この2点だけが審査されるのですが、「記入された個人情報に間違いがあるか無いか」だけの審査で作れるクレジットカードが存在します。

審査が甘いというだけのクレジットカード会社ではなく、審査なし(無審査)という言葉には語弊がありますが 、申込内容が正しければ、確実に発行されるクレジットカードです。利用価値があるかないかは、ご自身で判断して下さい。

ライフカード

金融ブラックで、これまでクレジットカードが作れなかった方で、「現在は生活に余裕ができた方向け」のクレジットカードがあります。延滞中であったり任意整理で返済中や自己破産直後でクレジットカードが作れない方には、ほぼ無審査でクレジットカードを発行するライフカードがあります。

ライフカードでは、自己破産のブラック喪明け前で発行される「事前デポジット型クレジットカード」という新しいジャンルのクレジットカードの発行を始めました。

任意整理したり自己破産直後でクレジットカードが作れない方には、審査をほぼ行なっていないであろうライフカードがお勧めで、正しい個人情報で申し込みをすれば、クレジットカードが一週間程度で発行されます。

年会費無料のライフカードに申し込んで審査が落ちると、このクレジットカードの案内がメールで来ますので、ライフカードの本カードに落ちた方でも可決されます。

どうしてもクレジットカードの審査に通らない人でも、カードを持つことを諦める必要はありません。その場合は、デビットカードの取得も選択肢です。デビットカードも審査がないため、誰でも簡単に作ることができます。

その理由は、デビットカードは直接銀行の口座からお金が引き落とされることになるため、クレジットカードのように未払のリスクがないからです。

事前デポジット型ライフカードQ&A

事前に保証金を預け、保証金の範囲内でご利用限度額を設定するクレジットカードとなります。通常のクレジットカードと同じく、店頭でのお買い物、ECショッピング、公共料金のお支払い等で利用できますが、ショッピング(1回払い)専用カードとなります(分割払い・リボルビング払い・ボーナス払い・キャッシングはご利用できません。) 利用代金は、登録の金融機関口座からの自動振替となります。

利用代金等のお支払いが一定期間されなかった場合に、利用代金等に充当するためです。現金を担保にしているという説明の方が分かりやすいでしょう。クレジットカードを退会した場合、未入金の利用明細等が存在しないことを条件に保証金は返還されます。

クレジットカードの限度額は、ゴールドカード20万円~190万円(10万円刻み)、スタンダードカード10万円となります。※限度額は保証金と同額です。
※スタンダードカードで限度額10万円の場合、年会費 5,400円+ 保証金 100,000円=105,400円が必要

最短3営業日で届くクレジットカードを受け取った後、1週間程度で会員専用インターネットサービス「LIFE-Web Desk」から申込めます。申込み日から2週間程度で自宅住所宛てに発送されます。

カードはショッピング専用カードとなり、キャッシングはできません。しかも1回払いしか支払い方法が無く、分割払い・リボルビング払い・ボーナス払いという支払いはできないのが、普通のクレジットカードとは違います。

なんだ、デビットカードじゃないか!と思われた方もいることでしょう。デビットカードとは違い、ETCカードも発行されるという点がETCカードを持てなかった人には有難いのではないでしょうか。債務整理で完済するまでのクレヒス目的で作っておくこともありじゃないですか。

クレジットカードができなかったらブラックでも作れるデビットカード

超ブラック過ぎて、どうやってもクレジットカードが作れない場合には、デビットカードを作るしかありません。インターネットショッピングでも使えるデビットカードは審査はないので、だれでも持てます。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードを簡単に解説すると、後払いが出来ないクレジットカードだと思って下さい。クレジットカードは購入した商品代金を分割や一括での後払い出来るカードで、手持ちの現金が無くても限度額に応じて、欲しい時に欲しい物を購入することが出来ます。

一方でデビットカードは欲しい物を購入する場合、即時銀行口座での決済となり後払いで購入することが出来ないカードなのです!

※一部即時決済とならない場合があります。

クレジットカードとデビットカードとの比較を、表にまとめてみました。

クレジットカードデビットカード
支 払後払い即時口座引落し
回 数1回、分割、リボなど1回のみ
限度額カードの種類や利用者によって決まる口座残高まで
年 齢18歳以上(amexは20歳以上)16歳以上
審 査ありなし

オススメのデビットカードは

イチオシは楽天銀行VISAデビットカードですね。キャッシュカードとの一体型です。

やはりポイントが貯まりやすいことと、楽天銀行同士の振込は、何度でも振込手数料が無料で、365日24時間即時振り込まれます。さらに、振込手数料に楽天スーパーポイントが使えます。

楽天銀行に口座を持っていない方は、楽天銀行公式サイトから『新規口座開設』から口座を開設することからです。楽天銀行に口座開設済みで、まだデビットカードを持っていない方は、「カードを申し込む」というリンクがあるので、それを選びましょう。

楽天銀行に口座を持っている方も、持っていない方も手続きは基本同じです。JCBにするかVisaにするかは自由なのですが、個人的には海外でJCBが使えないところが多いため、Visaにしています。

楽天銀行デビットカード(JCB)、楽天銀行デビットカード(Visa) 、楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) のいずれも発行手数料は無料です。年会費はJCBは無料、VISAは1,029円(税込)、ゴールドデビットカード(Visa)は3,086円(税込)です。

ブラックでも作れた保証金が必要ないクレジットカード

ブラックでも作れるクレジットカードは、アメリカン・エキスプレス通称AMEXカードです。この章は経験談として読み流して下さい。カードの色じゃありませんよ、金融ブラックでも作れます。ブラックリストでクレジットカードが作れないと思っている方は、騙されたと思って申込んでみて下さい。

アメリカン・エキスプレス申込みサイトから申し込むと、すぐにカード申し込み受付完了のお知らせ【AMERICAN EXPRESS】という題名で送られて来ます。勤務先への在籍確認も無く、自宅へも携帯電話にも確認の電話も無しで、次の日に【American Express Card】ご入会ありがとうございます。あなた様にカードをお届けできる準備が整いました。という題名のメールが届いたのにはビックリしました。

アメリカンエキスプレスからのメールの内容

私は、12年間全てのクレジットカード審査に落ちていたので、「ありえない!」としか思っていませんでしたが、このメール後5日目に本人限定郵便がAMEXから届きました。

当然中身はアメリカン・エキスプレスのグリーンカードです。(現在プラチナカード保有→アメックス都合の強制解約・・・事情は今度書きます)

現在は、楽天プレミアムカードで最高枠300万です。楽天様様です。翌月一括払いのアメックスに比べ、リボルビング払いも可能な楽天カードは最高です。

この時の状況と次に作れた楽天カードについては、長文のため時間がある時読んで下さい。ただ、ブラックリストでクレジットカードが作れないと思っている方は、騙されたと思って申込んでみる価値はあると思います。

AMEXは保証金なしだが欠点がある

保証金が必要な『ライフカード』の「事前デポジット型クレジットカード」よりは便利ですが、アメリカン・エキスプレスには普通のクレジットカードには無い欠点があります。

アメリカン・エキスプレスカードの欠点
  • 入会後6ヶ月以内は、翌月一括払いしかできない
  • キャッシング機能が無い
  • 年会費が高額(年会費無料キャンペーンもあります)
  • 現金化を疑われると即カード利用停止・・・疑いだけです。

まとめ

信用情報機関へブラック情報が登録されたら、アメリカン・エキスプレスカードのグリーンカードにトライしてみてダメだったら、デビットカードでしのぐしかありません。

アメリカン・エキスプレスカードは、翌月には使った分を準備しなければならないので、ある意味デビットカードのようなカードですが、今はお金がないけど、来月ならなんとかなるという方にはお勧めできます。

デビットカードは、今銀行口座に残高が無ければ、利用することが出来ません。買い物をすれば即時決済で、銀行口座から商品代金が引き落としされますから、財布から現金を取り出して決済しているのとほぼ同じことになりますから。

デビットカードでは、盗難保険、ショッピング保険、オンライン保険など、万一のトラブルでも補償されるのでセキュリティ面ではクレジットカードと変わりませんし、クレジットカードをもっている方にも、デビットカードはオススメです。

高額商品はクレジットカードで、普段のお買い物はデビットカードでとしておけば、使いすぎる心配もなく、お金の管理をしながら上手にお買い物ができます。デビットカードのメリットを良く理解すれば、安全で安心なカード利用をすることが出来るということです。

タイトルとURLをコピーしました