自己破産後の免責決定していない場合でも借りれるところ

自己破産していても借りれる方法

免責が確定していない自己破産の手続き中でも、お金が急に必要になる場合があり、借りれる金融業者を探しても見つかりません。自己破産申請前からお金を貯めていれば良いのですが、中々そういう訳いかない場合が殆どです。自己破産の手続き中にお金を借りるのは、大変難しいです。

自己破産の申立てはしたけど、免責がまだ決定していないけど借りたいと思っている方、借りれるところがなくてもヤミ金に手を出してはいけません。

気持ちは分かりますが、あせらず落ち着いて物事を考えて行動して下さい。

自己破産後の免責決定していない場合でも借りれるところ

自己破産の申立てが終わり、免責の決定を待っている間にも、急にお金が必要になってしまう場合もあると思います。免責確定前のあなたが、どうしても借りたいという理由は、自己破産の申立てを依頼した弁護士への支払いのためではないですか?

当たっていたら最後までお付き合いください。

私の経験から申し上げると、免責前にお金を借りたいと思っているのは、自己破産の申し立てを弁護士や司法書士に頼んだ人に多いです。一昔前までは、免責決定までに半年から一年かかっていましたが、もうそんなにかかりません。

免責前に借金をすれば、あなたが自己破産後の免責を受けることができなくなる場合がありますし、貸す側の金融会社も正規登録されていれば貸すことはないと思って下さい。借りれるところは『ヤミ金』だけになってしまいます。

弁護士や司法書士と分割払い契約をしている場合

弁護士や司法書士と分割払いの契約をして、分割払いが完済されるまで、免責を遅らせるまたは自己破産の申し立てすらしない弁護士や司法書士も存在します。手付金として払った2~3万円の切手代だけで、取立ての電話も督促状も無くなったのですから、あなたは天国に行った位の解放感になったでしょう。

提携弁護士と言われる、あなたが借入申し込みをしたサラ金業者から法律事務所を紹介されていれば、その弁護士のことです。

提携弁護士は、各債権者(貸金業者等)に受任通知を送っただけです。

消費者金融に紹介された提携弁護士に、自己破産手続きを依頼している場合には、他の法律事務所に相談に行って下さい。その弁護士や司法書士に払うお金を借りよう、考え方を変えて、弁護士や司法書士に払ったら生活費が無くなったというなら、その弁護士、司法書士は即解任した方が良いです。

即解任はリスクがあるので、裁判所への申立てが済まされているのかどうかの確認からですね。

もし申立てがされていないなら、自分で申立てした方が早いかもしれません。裁判所に行けば「申立書」がもらえ、少しの手間で費用も安く抑えられます。印紙代等で3万円くらいでしょう。

その場合、弁護士と交わした分割契約も破産債権ですので、債権者一覧表に入れることを忘れずに。但し法テラスを通じての場合は破産債権になりません。

取立ての電話や郵便が来なくなったことで安心していてはいけません。免責確定が遅らされれば、借りれるようになるまでもどんどん遅れるのですから、本当は、弁護士費用も破産債権なので、免責確定前に締結した分割払い契約も債権者一覧表に入れなければいけないのですが、まさかそんなことをしてくれる弁護士や司法書士はいません。

自分では難しいと感じたのなら、正義感あふれる法律事務所を探し当てるのも一つの手です。あなたが、まだ免責決定されていないなら、正規貸金業者で借りることはあきらめてください。しかし、絶対借りれない訳ではありませんので、次の章で説明しています。

免責確定前にどうしてもお金が必要な方

貸金業者も馬鹿じゃありませんから、自己破産しても免責確定までは、破産債権一覧表に入れ込まれる可能性があるので、貸したりしません。それに借りれたとしても犯罪になりますので、免責決定まで待ちましょう。もう少し我慢して免責が確定してしまえば、安心して貸してくれる消費者金融はあります。

自己破産の申立て後に免責が確定すると、官報から抽出された情報を基に、どこからか『貸します!』とダイレクトメールが届きます。ダイレクトメール中にはヤミ金もありますので、ダイレクトメールが届いたりしたら『登録貸金業者情報検索入力ページ』で貸金業登録番号の確認をしましょう。

免責前でも稼げば何とかなる

どうしてもお金が必要で、ヤミ金にまで手を出してしまう方がいらっしゃいますが、そんな馬鹿げたことは絶対やってはいけません。ヤミ金から借りなくても、高収入を稼げるアルバイトがあります。

治験という言葉は耳にしたことがあるかもしれませんし、興味はあったけど、どうしたらいいのか分からないといった方もいらっしゃるでしょう。

月に30万円稼げる魅力あるアルバイトです。

免責前でも借りれるところ

自己破産の申立てをして、免責決定がまだであっても借りれるところとは、社会福祉協議会です。社会福祉協議会には、生活困窮者自立支援制度という生活費等のお金にに困った時に利用できる便利な制度があるのです。

生活困窮者自立支援制度とは、さまざまな困難な中で、生活に困窮している人に包括的な支援を行う制度です。

例えば、

「リストラされて仕事がみつからない」
「社会に出るのが不安で引きこもっている」
「失業して家賃を滞納していて、家を追い出されそう」

といった状態ならば、社会福祉協議会に相談してみましょう。

しかし、このサイトではそのような方の力になれるよう、自己破産した後の方が抱える、借りれない問題を解決していきます。借金自体は悪いことではなく、その使い方を気をつけていれば有効に使うことができるのです。そこから再起をしていく事もできます。

自己破産の手続き中は借金できない?

自己破産申立てから免責決定までの自己破産の手続き中は、絶対借金できませんし、できたとしても借りてはいけない期間です。

厳密にいうと友人から借りてもいけません。借金したことがバレたら免責の不許可事由となり、破産はできても肝心の免責(借金を払わなくてよくなる)が受けられないのです。免責決定すれば、少ないですが貸してくれる消費者金融はあります。

免責決定すれば、把握しているだけでも20社以上の正規登録の消費者金融が貸してくれるようになります。

免責決定した方⇒自己破産した後の官報記載者でも直ぐに借りれる消費者金融

免責決定から5年以上の方は、もうブラックリストにはありませんので、どこからでも借りれます。

注意すべきは自己破産の時、債権者一覧表に記入した貸金業者です。合併で社名が変わっている場合もありますので、注意が必要です。

銀行で借りる場合の保証会社にも注意して下さい。保証会社が債権者一覧表に記入したところであれば、申し込み自体しないで下さい。申し込みブラックの原因にもなります。

社内ブラックといものがあって、債権者一覧表に記入したところからは借りれませんので、申し込む場合注意して下さい。逆に、以前借りていて完済した業者は最初から満額回答するはずです。

官報は一生残りますが、よっぽどでない限り貸金業者が官報を取得することはありません。仮に取得されたとしても、現在借金がないことは事実ですので、心配する必要はありませんし、官報に出ていたからと言って審査を否決する貸金業者はいません。どこかに初めて借入を申し込む場合、個人信用情報機関で自分の信用情報を取得して確認してから申し込む方が良いです。

自己破産ブラックOKと言われる業者のメリット・デメリット

自己破産ブラックOKと言われている業者を使うということはメリットだけではありませんし、デメリットだけでもありません。自己破産や債務整理をしたブラックでも借りれることが最大のメリットでしょう。

最初は10万円ほどの少額融資がほとんどで、闇金の可能性があるリスクや、正規登録の消費者金融だとしても、金利が高い(法定内)というデメリットがあります。

自己破産や債務整理をした方も審査対象です、と表現していますし、殆どが利用者の口コミです。自社でブラックOKと宣伝している貸金業者は闇金ですので、絶対借りてはいけません。

他サイトでブラックでも借りれると口コミのように書かれている業者の中にも闇金が混ざっていることがありますので、注意して下さい。自己破産から喪が明ける前で、ブラックであっても借りられるというメリットは有るにせよ、リスクも高いということは分かっていて下さい。

再度の自己破産しないために

免責決定から7年経てば再度の自己破産も可能になるため、自己破産や債務整理をしていても借りれる貸金業者は、自己破産を経験した方に対し、再度の自己破産をしにくいような仕組みを作っている業者でもあります。

自己破産したという過去を持っているからこそ、次の自己破産をさせないように動いているとも言えます。ブラックでも借りれる貸金業者は、再度の自己破産したくない人に良い業者とも言えるかもしれません。できるだけ最初に借りれたところに相談しながら増額を進めて、件数を伸ばすことは避けましょう。

そして計画的に借りて返しているうちに、少しでも有利なところが見つかりますので、借り換えする方向が賢明です。返済計画をしないといけないのは借りる側自身ですから、ギャンブルなどに使わないようにして下さい。

借金まみれになってしまって、多重債務になってしまったら人生終わりというように思う人が多いですが、自己破産で人生のリセットも一つの方法です。自己破産が自分の借金でということもあれば、保証人になっていて自己破産ということもあるでしょう。

個人的には7割の方が再度借金まみれになっていると思います。貯金をして堅実になった方は1割程度で、2割はいつでも借金をしてもおかしくない状態です。せめて2割のほうに入っていて欲しいです。まだ自己破産に至っていないという方に言いますが、借金ができなくなるから自己破産しないということだけはしないで下さい。

さらに自己破産するなら全ての借金を債権者一覧表に入れて下さい。後で後悔します。7割の中の半分以上の方が一部を債権者一覧表に入れなかったというのが原因です。そして闇金を摘まんでしまうようになるのです。自己破産によって全く人生が終了というわけではありません。また一からスタートできるのです。

最後に

自己破産から5年以上経てば、クレジットカード発行会社や信販会社、消費者金融が照会する個人信用情報機関であるCIC・JICCのデータベースから削除され、過去に自己破産をしているかどうか、どういう経歴をしてきているかというのはクレジットカード発行会社や信販会社、消費者金融には分かりません。

ただ銀行系の個人信用情報機関であるJBAだけは10年経たないと情報は削除されませんので注意が必要です。
自己破産免責決定しさえすれば、どこからかは借りれるようになりますので、焦らないで下さい。

タイトルとURLをコピーしました