クレジットカードのショッピング枠を利用しての現金化してはいけない

クレジットカードの現金化資金調達

お金を作る方法の一つであるクレジットカードの現金化という行為は違法になる可能性が高いことをご存じでしょうか?
リストラや新型コロナウイルスの影響で、収入が減ったとか無いからといって、クレカの現金化で資金調達してはいけません

「クレジットカードの現金化」という言葉だけは何となく聞いたことがあるという方が多いのではないかと思います。
そこで、クレジットカードの現金化とはどのような法律に違反する行為なのかについて解説していきます。

資金調達法クレジットカードでの現金化とは?

ショッピング枠は「商品代金の立替え」を行うサービスの事ですが、このショッピング枠を使って現金を手に入れようとする手段が「クレジットカードの現金化」です。
クレジットカードに設定される枠は「ショッピング」と「キャッシング」の二つに分かれます。

キャッシング枠とは実際に融資を行う枠の事で、クレジットカードを使って銀行のATMから現金を引き出せます。
消費者金融などのカードローンと同等のサービスです。

本来ショッピング専用であるはずのショッピング枠を利用して現金として資金調達することから、「現金化」という名前が付いています。

「クレジットカードを利用した現金化」とうたった広告がインターネット等にありますが、これは本来、商品やサービスの支払いをするために設定されているクレジットカードの利用範囲を換金目的で利用することです。
また、現行紙幣・貨幣などをクレジットカードで購入する事もクレジットカードを利用した現金化に該当する行為です。

引用元:楽天カード「クレジットカードを利用した現金化」は厳禁です

クレジットカード会社はこれを会員規約違反にあたるとしていますし、悪質な場合逮捕されるケースもあります。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化の仕組み

クレジットカードの現金化には専用の業者を利用することが多いです。業者は現金化をしたい利用者から買取りした商品を、また自分たちで販売して利益を得るような仕組みを取っているため、購入するように指定される商品も新幹線のチケット・回数券など、比較的横流しで売れるものが選ばれることがほとんどです。

他にも商品を購入してキャッシュバックされるというような業者もあります。

例えば、原価の安いDVD教材を50万で購入するという形で契約を結びます。その後「手数料」などと称した業者の取り分を差し引いた額を現金でキャッシュバックする、その結果「50万円のショッピング枠がキャッシュバックにより現金に変わる」ということが起こるわけです。

そのキャッシュバックされる金額は業者によってまちまちですが、購入金額の80%をキャッシュバックする業者が一番多いです。

お金に困ったからと言って、クレジットカードでの現金化はお勧めしません。もし、クレジットカードのでの現金化するならば換金率の高いサービスを利用して換金しなければ大損します。

商品券やギフト券に換金して現金化する業者

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は業者によって異なりますが、商品券やギフト券に換金して現金化する業者もあります。
ショッピング枠の現金化は主に2種類の方法に分けられます。

  1. 自分自身で商品券やギフト券などをクレジットカードで買い、それを売って現金化する
  2. 現金化業者を使い、即日で現金化を行ってくれるサービスを利用する

どちらの場合でも、結果的には現金を手にすることができますが、労力を惜しまず高換金率で現金化したいのであれば、自分自身で商品を売買する現金化が良いですし、手数料を支払ってでも楽に現金を得たいのであれば、現金化業者を利用する方法になるのではないでしょうか。

業者は2つに分けることが出来て商品買取り型の業者キャッシュバック式の業者があります。クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化になるので自分でショッピング枠の限度額を一度事前に確認しておくことが大切です。

ショッピング枠の現金化ならばもちろん信頼できる安全の業者を選択するとともに還元率や換金率をなどにも注目しておく必要があります。

換金率を確認できる優良な業者は98%

自分でクレジットカードで商品を買い、メルカリのようなフリマアプリで売買する現金化は、やり方によっては高い還元率を実現できますが、手間がかかります。
優良な業者ならば換金率は98%程の場合もありますが、業者でやる現金化は、実質還元率は80%以下というのが現実です。

現金欲しさにショッピング枠を現金化しても、後にその買い物の商品代を返済をしなくてはならないということを忘れてはいけません。

業者ごとに買取金額の設定が異なるため具体的な数値には言及しませんが、実はこの取引を「金利」という点から考えると、銀行や消費者金融が取り扱っているカードローンの設定金利と比べてもかなり高い金利計算になっています。

クレジットカードでの現金化は自己責任

このクレジットカードでの現金化は取引内容によっては違法行為として利用者が逮捕されていまいますし、それ以外の場合でも会員規約に反しているので発覚次第カードの利用が停止されてしまいます

ただ、キャッシング枠も使い切ってしまい借りれないと言った当座の資金も困ってしまった人はそういったことが言える余裕もありません。
そういった人の弱みに付け込んで「カード一枚で借りられる」などとネットなどで宣伝する業者もありますが確実に問題ある企業なのでかかわってはいけません。

また「借金」として見てもかなり法外な金利計算となり、手数料を20%差し引かれた場合の年利としてみると200%を超えます。

ですから、お金に困った場合はクレジットカードのキャッシング枠を利用したほうが圧倒的にお得ですし、手を出しても現在の問題を大きくするだけです。

カードローンと違い、審査という過程がない分手軽に利用できる現金化ですが、実質的な金利は暴利になっているため利用しないのが賢明だと言えます。

それでもクレジットカードの現金化をしたいのであれば、ブラックでも絶対借りれる新型コロナ特例貸付で無利子で20万円借りる手続きをしてみたらどうでしょう。

最後に

現金化を利用してはいけない理由は、金利以外にもあります。実は現金化に該当する行為は、クレジットカード会社の規約で禁止されているのです。

そのため、カード会社に「現金化を行っている」と判断された場合、所有しているクレジットカードが解約されてしまう可能性もあります。クレジットカードがない生活の不便さは、クレジットカードを使ったことがある人ならだれでも想像がつくでしょう。

このような理由からも現金化は行うべきではありません。現金が必要になった場合には、カードローンなど別の方法の利用をオススメします。

タイトルとURLをコピーしました