時効の援用で借金を帳消しにする

消滅時効援用とは、援用の手続き 「借金を放棄する」という意思表示をすることです。

いくら時効の期間が過ぎていたとしても、借金の返済義務が勝手に無くなるということはないので注意が必要です。 借金の時効を成立させるには、相手(お金を貸した側:債権者)に伝える意思表示が必要です。

時効の援用で借金を帳消しにする

自分でもできる時効の援用で借金を帳消しにする

借金にも色々種類があるわけですが金融業者からの借入は最終取引日(最後に支払った日)より5年で時効の援用ができます。手続きは、雛形があるので、法律の専門家でなくても自分でもできます。 自分でもできる時効の援用とは? 多く...
2020.04.12
タイトルとURLをコピーしました