消費者金融カードローンの審査

消費者金融カードローンの審査カードローン審査

消費者金融カードローンや銀行カードローンには独自の審査基準が設けられています。ですから、消費者金融でキャッシングを申し込んでも、必ず借りられるとは限りません。

大手消費者金融では、「スコアリング」という、キャッシング申込者の個人情報に点数(スコア)をつける評価方式という審査が行われています。

<属性スコアリング>
申込者の属性(環境)を各項目ごとに分析し、点数をつける方法です。

  • 年収
  • 雇用形態、勤務先、職業
  • 勤続年数
  • 居住形態 等

<信用情報スコアリング>
信用情報機関に登録された信用情報を確認します。

  • 借入残高
  • 借入件数
  • 返済履歴(過去に延滞があるか)等
審査項目評価が高い評価が低い
収入固定給歩合給
雇用形態正社員アルバイト・パート
勤務先、職業公務員、上場企業自営業
勤続年数長い短い
居住形態持ち家賃貸
借入残高・件数ない、少ない多い
返済履歴延滞なし延滞あり

実際の審査では、数十項目を分析してスコアリングが行われる点に注意してください。

一番注意しないといけないことは、クレジットカードのキャッシング枠があるかどうか。クレジットカードのキャッシング枠は、使っていても使っていなくても、キャッシング枠は、既に借りているとみなして審査されます。キャッシング枠のあるクレジットカードを1枚持っていて、サラ金を2件摘まんだ人は3件借りていると審査しています。さらに、リボ払いも1件カウントされますし、残高は総量規制の対象ですので、リボ払いはせず分割払いにするようにして下さい。

短期間に申し込みし過ぎた場合の申込みブラックに注意

そもそもブラックというのは、消費者金融が決めた基準で審査を通すか通さないかを決める一般的尺度であって、しかも法的に申込みブラックという基準はありませんので、申込みブラックでも借りられるのですから、絶対借りれないという心配をする必要はありません。

一般的に言われる申込みブラックとは

あくまで一般的に言われている申込みブラックとは、おおむね1ヶ月の間に3件以上の申し込み履歴が個人信用情報機関にあった時点で、大手消費者金融やクレジットカード会社は、スコアリングで落とすという会社がほとんどなので、そのことを申込みブラックと言っています。

各金融機関が加盟している個人信用情報機関とは、各金融会社の顧客の契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる、法律で加入が義務付けられた信用情報を提供している会社です。

信用情報機関名業 種申込情報の保存期間
日本信用情報機構
(JICC)
消費者金融系
銀行系
信販系
照会日から6ヵ月を超えない期間
※コンピューターで自動処理されるため
実務上180日
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
信販系
消費者金融系
銀行系
照会日から6か月間
※コンピューターで自動処理されるため
実務上180日
全国銀行個人信用情報センター
(KSC[開示先はJBA])
銀行系照会日から6ヵ月を超えない期間
※コンピューターで自動処理されるため
実務上180日
(本人開示の対象は1年を超えない期間)
カードローン審査

ブラック情報を消す方法|ブラックリストからは消えない

クレジットカード会社や消費者金融に延滞を続けていても、勝手に延滞履歴やブラック情報やブラ...
カードローン審査

高可決率!ブラックでも借りれる激甘審査の消費者金融で融資を受ける

銀行カードローンの即日融資が自主規制と実務上できなくなり、ブラックでも借りれる激甘審査フ...
2019.11.21
カードローン審査

社内ブラックの確認、過去に合併した金融業者一覧

ブラックではないはずなのに審査に通らない場合に考えらることの一つに、社内ブラックというも...
2019.11.16
カードローン審査

金融ブラックなら無審査のデビットカードとアメックスは必需品

何らかの事情で金融ブラックになってしまった方が、インターネットで買い物したり、何かの予約をする時の必需品に審査が必要ないデビットカードがありますが、アメリカン・エキスプレス・カードはブラックでも作れる可能性が高いクレジットカードなので、持っていて損はないと思います。
2019.11.16
カードローン審査

カードローンや住宅ローンの審査に落ちる理由と対策

消費者金融や銀行の金融業者は、申し込む時期やタイミングによって審査基準が変わって審査に通...
2019.11.16
タイトルとURLをコピーしました