貸金業法のまとめ

貸金業法のまとめ貸金業法

貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律で、2006年12月に従来の法律が抜本的に改正され、段階的に施行後、2010年6月に完全施行されました。返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(多重債務問題)となったことから、これを解決するための法律です。

貸金業法のポイント

1.総量規制ー借り過ぎ・貸し過ぎの防止
・借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れがでくなくなりました。
・借入の際に、基本的に「年収を証明する書類」が必要になりました。
2.指定信用情報機関制度の創設
貸金業者が、顧客のリスクをより精緻に把握し、健全なニーズに適切に応えていくためには、すべての貸付情報が信用情報機関に登録され、貸金業者が貸付けを行う際にそれが利用可能であることが必要です。こうした点を踏まえ、新たに指定信用情報機関制度が創設され、貸金業者が個々の借り手の総借入残高を把握できる仕組みが整備されました。
3.上限金利の引下げ
・法律上の上限金利が29.2%から、借入金額に応じて15~20%に引き下げられられました。
4.貸金業者に対する規制の強化
・法令順守の助言・指導を行う国家資格のある者(貸金業務取扱主任者)を営業所に置くことが必要になりました。
5.ヤミ金融対策の強化
借り手の保護・ヤミ金融撲滅のため、「著しい高金利での貸付け」や「無登録営業」に対する罰則が強化されました。無登録営業を行った場合の罰則が強化され、10年以下の懲役もしくは3,000万円以下の罰金、またはこれが併科されることとなりました。
貸金業法

総量規制対象外の不動産担保ローンを借りる方法

貸金業法の定める総量規制対象外の融資として、不動産担保ローンがあります。お金を借りるときは、融資額が1世帯の総収入の3分の1を超えてはいけないという、総量規制がありますが、借入れた金額が総量規制で決められた金額になってしまった場合でも、例外として借りることができるのが不動産担保ローンです。
貸金業法

ヤミ金から借りて闇バイトで返す前にできること

ヤミ金でもいいから、お金が必要だから借りたいという方、焦ってはいけません。闇金をつまんだら闇バイトに走ります。ヤミ金からでなくてもお金が借りれるところがあります。ヤミ金からでもというのは、相当追い込まれた状態だと思います。まだできることや借りれるところがあります。
貸金業法

指定信用情報機関3社からの個人信用情報開示請求の手続き方法

貸金業者が、顧客の多重債務リスクを把握し、健全な貸付けをして行くために、すべての貸付情報が信用情報機関に登録され、貸金業者が貸付けを行う際にそれが利用可能であることが必要と貸金業法で定められています。 貸金業者が審査する時に問い合わ...
貸金業法

年収の3分の1以上借りられなくなった総量規制とは

貸金業法が定める総量規制を一言でいうと『お金を借りるときは、融資額が1世帯の総収入の3分の1を超えてはいけない』という法律です。これはあくまで、原則ということであります。もちろん、借入れた金額が総量規制で決められた金額になってしまった場合でも、例外として借りることができるケースというのがあります。
タイトルとURLをコピーしました