任意整理・自己破産・民事再生していても借りられる消費者金融

任意整理・自己破産・民事再生していても借りられる消費者金融債務整理

債務整理とは、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることにより、借金のある生活から解放されるための手続のことで、①任意整理②自己破産③民事再生④過払い金請求という4つの手続があります。

債務整理をすれば借り入れはかなり困難となります。しかし、逆に貸金業者側から考えれば、借りようと思っても借りられない=借り過ぎて返済不能になる恐れが低いと考えるのです。

債務整理していてもお金が借りられる?

債務整理の手続きは、任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産、という3つの手続がありますが、任意整理と個人再生は同じようなブラック区別になりますので、任意整理していても借りられる消費者金融と自己破産していても借りられる消費者金融に分けて説明します。

自己破産・個人再生・任意整理に関する情報の登録

債務整理をした場合、各個人信用情報機関にその情報が登録されます。そして、情報が残っている間は新規に借入ができなくのではなく、借りにくくなるだけです。

自己破産個人再生任意整理
株式会社日本信用情報機構
(JICC)
免責決定から5年
※1
完済日から5年完済日から5年
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
免責決定から5年
※1
完済日から5年完済日から5年
※2
全国銀行個人信用情報センター
(JBA[KSC])
10年(5年)
※3
10年(5年)
※3
10年(5年)
※3

※1.JICC、CICでは、自己破産の記録は免責決定日から5年となっていますが、これは業者が各々登録する必要があるため、確定日が入力されない限り一生延滞として記録されます。

※2.任意整理としての記載はないが業者には分かります。

※3.JBA(KSC)の自己破産登録、個人再生、任意整理は10年とありますが、銀行は保証会社(アコム等)を付けている場合が殆どですので、実際は、保証会社による保証履行(代位弁済)が行われた日から5年間登録されています。
但し、任意整理その代位弁済した保証会社が加盟する個人信用情報機関に登録が移されます。今はJICCとCICの両方に保証契約という区分に登録されています。
完済した場合には、完済日から5年間、ぶっちぎった場合には一生延滞の記録が残っています。

これから任意整理を行う場合の注意点

もし、これから銀行に対して任意整理を行うという場合には、注意すべき点があります。それは、任意整理をする銀行の預金口座に残高を残さないようにするということです。銀行は、任意整理の通知が届いた時点で口座に残高があれば、その口座を凍結し、預金の残高と貸付金を「相殺」してしまいますので、銀行に債務整理の通知を出す前に、口座の残高を0円にしておく必要があります。もし給料の振込口座が任意整理を行う銀行に指定されている場合には、事前に振込口座を別の銀行に変更しておく方が良いです。

自己破産後すぐに借りられる消費者金融

自己破産してブラックになっていても、絶対はありませんが、的を絞れば高確率で借りられます。通常自己破産から5年以上経たないと借りられないとか言われていますが、自己破産から1年経たなくても貸してくれる消費者金融はあります

官報は一生残りますが、よっぽどでない限り貸金業者が官報を取得することはありません。仮に取得されたとしても、現在借金がないことは事実ですので、心配する必要はありませんし、官報に掲載されていたからと言って審査を否決する貸金業者はいません。

自己破産後に借りるために揃えておきたい書類

自己破産をした後にお金が必要で、ブラックでも借りられる消費者金融の審査が通るためには、書類の準備が必要になりますので準備してから申し込むほうが良いと思います。審査が甘い消費者金融ほど提出しなければならない書類が多くなるので覚悟して下さい。全てが準備できる方は信用されやすいです。

  • 免責が確定した書面
  • 顔写真付き身分証明書
    (顔写真が無い場合には2点)
  • 健康保険証
  • 源泉徴収票
  • 給料が振り込まれている通帳
  • 公共料金の請求書又は領収証(本人名義)
    携帯電話の請求書可

免責決定の通知書

自己破産してすぐ借りたい場合には、免責決定書か免責許可決定確定書の何れかが必要になることが多いので、もし失くしてしまった場合には裁判所で再発行しておいて下さい。数年経った方は必要ない場合が多いです。

顔写真付きの身分証明書

金融機関からお金を借りる場合の、最低限必要な書類が身分証明書ですが、どの金融機関も顔写真が本人確認のための重要書類ですので、顔写真付きの身分証明書がない場合には、健康保険証と住民票とで1セットにする場合があります。

健康保険証

重要なポイントは、社会保険証かどうかです。個人事業主以外の会社は、社会保険加入は義務化されていますので、会社で働いていれば社会保険証を持っていなければなりません。
社会保険証には隠された記号と番号がありますので、安易に偽造をすればバレますのでご注意を。

源泉徴収票

他に借入が無い場合には、給料明細書2ヶ月分でも良い場合が多いですが、数社から借りている場合には、高確率で源泉徴収票の提出を求められます。本当に申告の年収があるのかのチェックのためで、総量規制対策です。

給料が振り込まれている銀行口座

特に審査が激甘な消費者金融ほど、源泉徴収票や給料明細が偽造されたものでないか確認するために、給料が振り込まれている銀行口座通帳の、給料が振り込まれている部分を写メで送らせます。これが提出可能な場合、在籍確認をしないでくれる消費者金融があります。

勤務先によっては在籍確認が取りにくかったりします。日雇いや風俗の方も在籍確認が取れずに、ブラックでもないのに借りられなくて困ります。工場勤務で『そのような者がいるかどうかもお答えできません。』と答える大手企業を知っていますが、クレジットカード会社の中には在籍確認も本人確認もしない会社があります。

公共料金の請求書又は領収証

公共料金の請求書が必要な意味は、本人が免許証や住民票の場所に住んでいるか確認するためで、審査が極甘な消費者金融ほど提出書類に含まれます。携帯電話の請求書でもよいとする消費者金融もあります。

債務整理

自己破産後の喪明けで作れたクレジットカード

自己破産して年数が経つと、クレジットカードがないことの不便さを感じることでしょう。 ...
2019.11.16
債務整理

自己破産していても家やアパート・マンションは借りられる

自己破産していて家やアパート・マンションの賃貸が借りられるのかという心配があると思います...
2019.11.16
タイトルとURLをコピーしました