自己破産後の喪明けで発行されやすいクレジットカード



自己破産して年数が経つと、クレジットカードがないことの不便さを感じることでしょう。

自己破産から5年以上経過した方、いわゆる自己破産後の喪明けで発行されやすいクレジットカードをご紹介します。

自己破産の喪明けに必ずしなければならないこと

自己破産から5年経てば喪が明けます。

7年や10年と思っている方は間違いです。

次の(二度目や三度目といった)自己破産による免責をもらえるようになるのが7年後であり、法律改正前が10年後だった関係で7年とか10年と思っている方がいるのでしょう。

しかし、喪が明けたことを確認するために、絶対個人信用情報機関であるCIC・JICC・JBAの個人信用情報の取得をして下さい。

個人信用情報で喪が明けたことが確認できたら、どこでも通るはずですが、ブラックリストからホワイトリストになったわけですから、注意が必要になります。

参考:個人信用情報の開示請求の手続き方法

自己破産後の喪明けの注意点

喪が明けたからと言って安心してはいけません。

ホワイトリスト(情報が何もない状態)だとクレジットカード会社から警戒されやすいので、気を付けなければならないことがありますので、説明しておきます。

自己破産時に迷惑かけたカード系は絶対ダメです。

他に、カード会社が合併で他の名前になってしまい、社内ブラックとして記録が残っている可能性があるので、必ず確認しましょう。

参考:☑社内ブラックの確認、過去に合併した金融業者一覧

また携帯割賦のクレヒスに傷がついていないか念のためCICで開示して見てみましょう(否決後しばらくはとおらない可能性が高いので)。

自己破産から6年、会社員(勤続年数5年以上なら尚良)、自宅家族所有で年収それなりなら否決されることはまずないと思います。

自己破産後の喪明けで発行されやすいクレジットカード

特に発行されやすいクレジットカードは楽天カードです。

楽天カードを確実に発行させるには、楽天銀行と楽天市場での取引です。

楽天銀行は楽天銀行同士の送金が24時間手数料無料であったり、デビットカード機能付きのキャッシュカードもあります。

楽天市場での買い物に、楽天銀行のデビットカードを登録しクレジット決済して買い物をすれば、楽天グループに対しての信用が付きます。

楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

取引が活発であればあるほど高額の枠がもらえます。

最初はキャッシング枠を0円に設定して申し込むとほぼ確実に可決されます。

楽天カードの他であれば、セディナカードJiyu!da!(リボ専用)、ライフカード、ティップネスなどフィットネス系(入会時に申込)、日産オートクレジットなどディーラー系(車購入時、購入後ディーラーで申込)も通りやすいです。

※筆者も50万円の車を日産オートクレジット12回払いを利用しましたが、電話での本人確認も在籍確認もありませんでした。




特にライフカードでは、年会費無料のカードが否決された場合、否決者限定で年会費有料(5,000円)カードの勧誘メールが(余程でないと)届きます。

もちろんアメリカンエキスプレスカードも発行されやすいクレジットカードです。

アメリカンエキスプレスカードについては詳しく書いています。自己破産から10年以上でなければ、JBAの個人信用情報を参照するので、自己破産時に銀行系の借入があった方は注意が必要です。

参考記事⇒ブラックでも作れるクレジットカードが存在した

まとめ

特に自己破産後の喪明けの1枚は大事ですので、できるだけ審査に通りやすい状態にすることが大切です。

携帯電話の割賦でクレジットヒストリー(信用実績)を作っておくのも一つの方法です。

万が一金融事故による異動情報の記録日から5年が経過しても、異動情報が個人信用情報に残されたままである、いわゆる「成約残し」と呼ばれる状況なので、

  • 内容証明で成約残しの処理をして欲しいという旨の文書を送り、信用情報を修正してもらう
  • 自己破産をしたときに依頼した弁護士に頼んで、信用情報を修正してもらう
  • お金がもったいないなら自分でカード会社に連絡して、信用情報を修正してもらう

という方法で処理して下さい。一ヶ月も経たないうちに異動情報は消えています。

破産免責決定通知のコピーが必要な場合がありますので、保管していない方は裁判所で請求すればもらえます。

最後に、安定した収入があることが前提となっておりますが、ショッピングやキャッシングの増額時を除いては、新規申し込み時に収入の証明を提出しなければならないクレジットカード会社はありません。

再度の自己破産をすることのないことを祈ります。

コメントを残す