官報に記載された自己破産直後でも借りれる消費者金融

自己破産していても借りれる方法

自己破産経験者は「自己破産したけどお金借りれるの?」「自己破産後いつからキャッシングできるようになるの?」「自己破産したら一生借りれなくなるの?」「自己破産してまだ1年だけど借りられる?」といったお金を借りる場合の疑問があるのではないでしょうか。

自己破産から5年以上経っている方と5年以下の方では、借りれる金融会社も変わってきます。

自己破産してすぐに借りれる消費者金融に申し込む注意事項

通常自己破産をして5年以上経たないと借りれないとか言われていますが、自己破産の免責確定すればすぐにでも借りれる消費者金融があります。自己破産していると、もう二度と借りれないんじゃないかと心配になっている方が想像以上に多いと思います。

まして自己破産して間もないのであれば、なおさらのことでしょう。しかし再出発を応援してくれる金融業者はありますので、心配することはありません。

過去に自己破産・債務整理後にクレジットカードを発行したりローンを組ませてくれる所は基本的にないのが今の現状ですが、そうした経歴のある人でも審査の対象にし、事故歴を気にせず申し込みできるというキャッシングサービスがあります。

様々なことがあって自己破産に至った方は、もう二度とお金は借りないと決心した方が殆どでしょうし、その方が良いに決まっています。しかし長い間には、お金に困る事が絶対に起きないとも限りません。止むを得ず借りる必要があった場合には、絶対に安心できる所で借りてください。

自己破産後すぐに借りれる理由

自己破産したからと言って、貸してはいけないという法律や決まりはありません。以前は『自己破産しているから貸さない!』というような風習が確かにありましたが、現在では『自己破産で借金が無くなっている』と逆にいい風にとらえて貸し出すようになった消費者金融やクレジットカード会社が増えてきています。

自己破産していれば、多重債務からも解放され他に返済がない状態なので、ある意味ホワイトな状況になっているからです。また、次の自己破産(正確には免責)は7年できないので、貸し倒れのリスクが低いからです。

大手消費者金融なら自己破産者をブラックリストという扱いにしますし、中小の消費者金融もかつてはそうでした。しかし、中小の消費者金融の一部が、自己破産する前より返済能力が上がっているという前向きな考え方に変わって来ました。

自己破産者がお金を借りるために揃えておきたい必要書類

自己破産者がお金が必要で、ブラックでも借りれる消費者金融の審査が通るためには、書類の準備が必要になりますので準備してから申し込むほうが良いと思います。審査が甘い消費者金融ほど提出しなければならない書類が多くなるので覚悟して下さい。

全てが準備できる方は信用されやすいです
  • 免責が確定した書面
  • 顔写真付き身分証明書(顔写真が無い場合には2点)
  • 健康保険証
  • 源泉徴収票
  • 給料が振り込まれている通帳
  • 公共料金の請求書又は領収証(本人名義)
    携帯電話の請求書可

自己破産の免責決定の通知書
自己破産してすぐ借りたい場合には、免責決定書か免責許可決定確定書の何れかが必要になることが多いので、もし失くしてしまった場合には裁判所で再発行しておいて下さい。数年経った方は必要ない場合が多いです。

顔写真付きの身分証明書
金融機関からお金を借りる場合の、最低限必要な書類が身分証明書ですが、どの金融機関も顔写真が本人確認のための重要書類ですので、顔写真付きの身分証明書がない場合には、健康保険証と住民票とで1セットにする場合があります。

健康保険証
重要なポイントは、社会保険証かどうかです。個人事業主以外の会社は、社会保険加入は義務化されていますので、会社で働いていれば社会保険証を持っていなければなりません。社会保険証の重要性は、勤務年数が確認できるというところです。社会保険証には会社ごと個人ごとに記号と番号がありますので、安易に偽造をすればバレますのでご注意を。

源泉徴収票
他に借入が無い場合には、給料明細書2ヶ月分でも良い場合が多いですが、数社から借りている場合には、高確率で源泉徴収票の提出を求められます。本当に申告の年収があるのかのチェックのためで、総量規制対策です。

給料が振り込まれている銀行口座
特に審査が激甘な消費者金融ほど、源泉徴収票や給料明細が偽造されたものでないか確認するために、給料が振り込まれている銀行口座通帳の、給料が振り込まれている部分を写メで送らせます。これが提出可能な場合、在籍確認をしないでくれる消費者金融があります。

公共料金の請求書又は領収証
公共料金の請求書が必要な意味は、本人が免許証や住民票の場所に住んでいるか確認するためで、審査が極甘な消費者金融ほど提出書類に含まれます。携帯電話の請求書でもよいとする消費者金融もあります。

自己破産から6ヶ月以内でも借りれる消費者金融リスト

自己破産を行ってから直ぐでも借りれる消費者金融は、当然ですが、各社独自の審査基準を設けているとは言え、属性や借入件数、現在の借入金額等において審査基準があり、申し込み記入内容により融資の不可や金額も異なります。

自己破産してブラックになっていても、絶対はありませんが、的を絞れば高確率で借りれます。通常自己破産から5年以上経たないと借りれないとか言われてきましたが、自己破産から1年経たなくても貸してくれる消費者金融はあります。官報は一生残りますが、官報に記載されていても、それを承知で融資しています。

関連記事:自己破産や個人再生で官報に載ると二度と借りれなくなるのか

先ずは、新たなる再スタートの気持ちで借りた消費者金融へ毎月延滞することなく半年間くらい信用をつけて増額にトライしてください。

この6社は、自己破産から半年以内のブラックでも借りれることでは有名で、知る人ぞ知る消費者金融です。もちろん貸金業登録されている、正規の消費者金融です。

自己破産して直ぐに借りれる消費者金融

プランの口コミ

プランは自己破産後に3社借りていた30万円をまとめてくれたうえに、10万円手元に残してくれました。書類さえ揃えば審査は甘いと思いますよ。在籍確認も書類の郵送先も、こちらの要望も聞いてくれますし最後の砦だと思います。

アルクの口コミ

私の場合店舗での契約でしたが、振込み融資もできるようです。自己破産して間もなかったのに20万円貸してくれた消費者金融です。追加書類さえ揃えることができたなら、50万枠にしてもらえそうでしたが、反省の意味も込めてお断りしました。

エイワの口コミ

エイワで可決で貸して頂けましたが、対応がかなり怖い。自分の属性は悪いので仕方ないし、貸して頂けたのは有難いですが、話し方も威圧的で気持ち良い終わり方ではありませんでした。ただ、本当に対応が早いです。属性が悪くても貸してもらえるが、会話するのが我慢できれば問題ないと思います。

ライオンズリースの口コミ

破産後約半年で、他社借入1件有りの状態でライオンズリースから可決の連絡きました。書類さえそろえば即日で融資してくれました。女性従業員の電話応対もすばらしく良く、属性の悪い私にも丁寧な口調でした。最長返済期間は3年で返済回数にして36回と、他の業者と比べると少し短めの期間となっています。

アルコシステムの口コミ

アルコシステムさんは、自己破産して1ヶ月後に可決してくれました。しかも審査も早く即日融資していただき、助かりました。非常に従業員の方の対応も良く気持ちよく融資して頂きました。本当に感謝です。

自己破産から何年過ぎたら借りれるようになるのか

自己破産を行った場合に、借金の免除が許可される免責と言う手続きが許可された翌日から、自己破産者も法律的にも借金ができるようになります。自己破産後に免責決定した1ヶ月以内に借りれた方は大勢います。

自己破産経験者は「自己破産したら一生お金を借りれない」とか「自己破産したことを黙っていたら借りれるの?」といったお金を借りる場合の疑問があるのではないでしょうか。 自己破産したことを黙っていたら、借りれる可能性はありません。自己破産をしたことを正直に話すことで貸金業者も少しは信用します。

自己破産したことを黙っていれば借りれる?

自己破産したことを黙っていたら、借りれる可能性はありません。自己破産をしたことを正直に話すことで貸金業者も少しは信用します。それぞれの金融機関は審査の時点で、必ず信用情報機関に問い合わせているので、これを避けることは不可能です。信用情報機関に自己破産の情報が掲載されている期間は免責決定から最低5年です。法律上、指定情報機関(CIC・JICC日本信用情報機構・JBA全国銀行個人信用情報センターのいづれか)への加盟は義務付けられています。

それぞれの金融機関は審査の時点で、必ず信用情報機関に問い合わせているので、これを避けることは不可能です。信用情報機関に自己破産の情報が掲載されている期間は免責決定から最低5年です。

自己破産から5年経てば借りれる理由

自己破産免責決定から5年以上経てば、個人信用情報の異動情報は消えるので、債権者一覧表に記入した消費者金融以外であれば借りられるはずですが、自己破産から5年経っていなければ、簡単には借りられません。自己破産の免責が決定すれば各金融機関は、免責確定日をCICやJICCといった個人信用情報機関に登録します。

登録されると登録日から満5年で自己破産の事故情報(異動情報)は機械的に削除されます。残したくても残せません。真っ新になった個人信用情報によって、一目では自己破産者だとは審査担当者も気付きません。
ただ、官報まで見られたらバレますが、『何か怪しい』といった余程のことがない限り、官報まで見たりしません。個人信用情報機関での信用情報の取得をして、自己破産の事故情報が消えていることを確認しましょう。

個人信用情報機関の破産情報が5年経過しても消えない理由

個人信用情報機関に登録された破産申立て情報は、5年で消えるという保証はありません。それは、弁護士や司法書士にに自己破産を依頼した人に起こる場合が多いのですが、免責決定通知書を貸金業者に送り忘れるケースが時々あります。

免責決定通知書が届いても放置する場合もあり、そのことを「成約残し」といって貸金業者は、自己破産を行って免責が決定したという処理をしなくても、罰則はありませんから、いつまで経っても自己破産の記録は残ったままです。借入申込みの前には、信用情報を確認することをおすすめします。

自己破産した後に貸してくれるのは闇金だけではない

自己破産していても、免責が決定していなければ、正規貸金業者からは借りれません。借りれないからと言ってヤミ金から借りることだけは絶対してはいけません。当サイトではしっかり監視し、違法な貸金業者が紛れていないかチェックしています。

しかし、闇金を紹介するところもありますので気を付けなければいけません。破産手続きにより免責が確定した場合、債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等に対して、必ずしも裁判所から通知があるわけではありませんので、情報機関に加盟している債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等が、免責の確定を知らず情報を更新していない場合があるようです。情報機関で確認することをおすすめします。

自己破産した後に借りれる金額が多い消費者金融

自己破産していても借りれる消費者金融とはいえ、最初から大きな金額は望めないかもしれませんが、平均的に5万円から30万円のようです。

自営業者の場合、総量規制の対象にならないまとまった金額の融資も受けることができます。また、短期間で借入件数を増やす事だけは避けてください。

自己破産したのなら本当に必要な金額だけを借りること

自己破産した後ですから、最初は大きな金額は望めないかもしれませんが、短期間で借入件数を増やす事だけは避けてください。自己破産後にまだ借りれると思い短期間で複数件借り入れすると1年~2年何処も貸付してくれませんので注意が必要です。

インターネットで申し込みしてから送金されるまでに必要な期間は各貸金業者によって違いがありますが、ほとんどの場合即日融資が可能です。書類のやりとりで時間がかかる可能性もありますので、焦らずに余裕を持って申し込んでください。

先ずは、新たなる再スタートの気持ちで借りた貸金業者さんへ毎月延滞することなく半年~1年間くらい信用をつけることからスタートしてください。当然ですが、個人差で申し込み記入内容により融資の不可や金額も異なりますので予めご了承願います。

審査に通るポイントは、他社5件以内で安定収入があること

自己破産後の借入れ審査に通るためには、すでに借りている消費者金融が5件以内であることと、安定した収入があることです。自己破産している人は借金の苦しみも知っています。急な出費で困っている方も多いでしょう。そして、返済がないのでお金を借りても返せるのに・・・とも。しかし、気を付けなければいけないのは、二度と同じ過ちを繰り返すことがないようにすることです。

自己破産者が借りれる消費者金融は即日融資?

自己破産後に借りれる消費者金融は、インターネットで申し込みしてから送金されるまでに必要な期間は各貸金業者によって違いがありますが、ほとんどの場合即日融資が可能です。

必要書類を送れるスマートホン用アプリを利用したり、ファックスで完結したりできます。書類のやりとりで時間がかかる可能性もありますので、焦らずに余裕を持って申し込んでください。

自己破産者に対する貸付条件

自己破産者への貸付条件として、一部の貸金業者は保証料10%程度を取って貸付けしているようですが、保証料を取る業者には最後の最後に申込みましょう。保証料は、例外を除いて利息の一部に充当されるので、完済した場合不当利得返還請求(過払い請求)ができます。

自己破産していても借りられる消費者金融は、自己破産していれば、多重債務からも解放され他に返済がない状態なので、ある意味ホワイトな状況になっていると考えてくれるからです。しかし、自己破産者に対する絶対的な貸付条件は、免責が確定していることです。貸付金利は上限年20%以下です。

自己破産している人は借金の苦しみも知っています。急な出費で困っている方も多いでしょう。そして、返済がないのでお金を借りても返せるのに・・・とも。しかし、気を付けなければいけないのは、二度と同じ過ちを繰り返すことがないようにすることです。

最後に注意しておきたいこと

最低の貸付条件は、免責決定されている事です。免責前に貸してしまえば破産債権一覧表に入れ込まれ、破産対象の債権者になるる可能性があるので、絶対貸しません。それに借りた本人は、免責が許可されない場合があります。

自己破産手続きにより免責が確定した場合、債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等に対して、必ずしも裁判所から通知があるわけではありませんので、情報機関に加盟している債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等が、免責の確定を知らず情報を更新していない場合があるようです。情報機関で確認することをおすすめします。

最初は、大きな金額は望めないかもしれませんが、短期間で借入件数を増やす事だけは避けてください。インターネットで申し込みしてから送金されるまでに必要な期間は各貸金業者によって違いがありますが、ほとんどの場合即日融資が可能です。

書類のやりとりで時間がかかる可能性もありますので、焦らずに余裕を持って申し込んでください。短期間に何件も申し込み過ぎて申込みブラックにならないように気を付けて下さい。

先ずは、新たなる再スタートの気持ちで借りた消費者金融へ毎月延滞することなく半年間くらい信用をつけて増額にトライしてください。当然ですが、申し込み記入内容により融資の不可や金額も異なりますので予めご了承願います。

タイトルとURLをコピーしました